top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

栽培されていたのに…「自然に逃げ出して雑草化した植物」の謎

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、宇都宮大学雑草管理教育研究センター教授、博士(農学)・小笠原 勝氏の書籍『雑草害~誰も気づいていない身近な雑草問題~』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

雑草の起源

雑草の定義のところで述べたように、農耕地に生育する雑草の中には高山植物を祖先にするものもいますが、もともと作物として栽培されていた植物が逃げ出して再び雑草化したものもいます。

ナタネ、コンフリー、ナガミヒナゲシ、ナギナタガヤなどは本来、作物、園芸種あるいは牧草として栽培されていたものが意図的に放棄されたか、あるいは自然に逃げ出して雑草化した植物で逸脱雑草(escaped weed)と呼ばれています。

ハルガヤも元は明治期にヨーロッパから日本に導入された牧草でしたが、収量が低いために放棄され、今では関東以北の道路、河川、空き地で雑草化しています。ハルガヤはバルザックの「谷間の百合」に出てくるイネ科植物で、英名のSweet vernalgrassはクマリンという物質を含み桜餅のような芳醇な香りがすることから名付けられました。

ハルガヤ種子には長短二本の芒がついており、短い芒を支点にして長い芒が土壌水分に反応して伸縮し、蚤(のみ)のように飛び跳ねます。なぜ、種子が土壌水分に応じて動き回るのか、その理由はよく分かっていませんが、種子が不規則な動きによって窪地や隙間などの種子の発芽に好適な環境を探しているのではないかという説もあります。

広告の後にも続きます

カラスムギの種子にも芒があり、水分を感じて運動します。芒がハルガヤよりも大きく、簡単な湿度計を作ることができます。ちなみに、ススキとオギはとても似ていますが、ススキが乾燥した場所を好むのに対してオギは湿った場所を好むというような生育場所の違いの他に、ススキの種子にはオギと異なり明瞭な芒がついています。ススキの漢名に芒が当てられているのもこの理由からです。

また、姿形や種子の形成時期が作物に似ているために、防除しきれず作物に紛れて生育している随伴雑草(companion weed)と呼ばれる雑草もあります。

その代表例がエンバク(作物)に対するカラスムギ(雑草)であり、イネ(作物)に対するタイヌビエ(雑草)です。さらに、アワ(作物)とその近縁種のエノコログサ(雑草)が交雑してできたオオエノコログサのような雑草もあります。

作物の多くは雑草を改良したものであり、作物と随伴雑草は遺伝的に近縁であることから、両者の間で遺伝子流動が起こりやすく、このことが後ほど述べる遺伝子組換え作物が破綻した原因と考えられています。

この他にも、雑草の起源に関するものとして、Dump heap theory(ゴミ捨て山説)と呼ばれる説があります。人の生活様式が狩猟採集生活から農耕生活に移行するにつれて定住化が始まり、その結果、食物の廃棄物や糞尿が住居の近くに集められるようになってゴミ捨て山、すなわち肥沃な場所ができて、そこから好窒素植物の雑草が生まれたという説です。

一般に、肥料は植物の成長に必要不可欠であり、肥料が多いほど植物は良く育つと思われがちですが、肥料が植物の成長にプラスに作用するか否かは肥料の施用量によって決まります。作物や山野草の多くは肥料(窒素)をやり過ぎると徒長して枯死しますが、農耕地雑草は多量の肥料を与えても枯死せず、むしろ与えれば与えるほど旺盛に成長します。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル