top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アトラス・エア、ボーイング777Fを4機追加発注

FlyTeam

アトラス・エア、ボーイング777Fを4機追加発注

アトラス航空の親会社アトラス・エア・ワールドワイド(AAWW)は2022年1月6日(木)、ボーイング777貨物機(F)4機を発注したと発表しました。この契約は2021年12月末に締結され、新造機と旅客機改修の2種類の貨物機を含むものです。AAWWは大型貨物機の導入により、アトラス航空、ドライ・リース事業を手がけるタイタン・アヴィエーション・リーシングを含めた保有機を拡大し、航空貨物輸送事業を拡大し、世界的に拡大するeコマース、サプライチェーンの支援に取り組みます。

発注した4機の777Fは、2022年11月に1機目が引き渡しされ、2023年内に残る3機が納入されるスケジュールです。777Fは、世界最大で最も長い距離を飛行できる双発エンジンの貨物機です。アトラス航空は、2022年にボーイング747-8貨物機4機を導入する予定で、保有機は747、777、767、737でアメリカ国内から国際線を含め、輸送量に応じた49機を運航しています。

TOPICS

ジャンル