top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【気象予報士が解説】「強い寒波」に上空の気温が関係するわけ

防災ニッポン

上空1500m付近の気温と雪の目安は次の通りです。

・平地で雪が降る目安:上空1500mに-6度以下の寒気(地表の気温は1.5度~9度)
・平地で積雪の可能性がある目安:上空1500mに-9度以下の寒気(地表の気温は-1.5度~6度)
・平地で積雪になる目安:上空1500mに-12度以下の寒気(地表の気温は-4.5度~3度)

このように標高1500m付近の気温から大まかな地表気温を計算し、その気温に基づいて降った雪が解けるかどうかなどを参考にします。
-12度以下の寒気になると降った雪がなかなか解けないため、降った分だけ積雪して大雪になりやすくなります。

上空5500mに何度以下の寒気が入ってくると大雪?

上空5500m付近の気温と雪の目安は次の通りです。

・平地の雪の目安:-30度以下
・平地の大雪の目安:-36度以下

広告の後にも続きます

上空5500m付近に-30度以下の寒気が流れ込んでくると平地で雪が降りやすくなり、さらに-36度以下の寒気が流れ込んでくると大雪の目安になります。

ただし、この上空5500m付近の気温の目安はあくまでも平地です。これより気温が高くても雪雲は発生しますし、雪雲のたまり場となる山地では大雪になることもあります。

南岸低気圧による雪は目安が異なる

上空の気温を目安にする際に注意してほしいのは、太平洋側で雪を降らせる「南岸低気圧の接近による雪」の場合は、参考にする1500m付近の気温の目安が変わることです。

南岸低気圧が接近するときは、低気圧や地形のメカニズムの関係で、上空1500m付近の気温と地表付近の気温がほとんど変わらないことがあります。そのため、上空1500m付近の気温が0度以下になると降雪や大雪になることがあります。

また南岸低気圧で大雪になるかどうかは、南岸低気圧が通過する位置や上空1500m以下の気温の低さ、低気圧の発達状況で決まります。雪雲の発達と上空の寒気との関係性は低いため、南岸低気圧接近時に「上空5500m付近の気温」が大雪の目安として使われることはありません。

大雪の目安を知って備えよう

このように、大雪の目安は上空の寒気からある程度の判断ができます。上空1500m付近に-12度以下の寒気、そして上空5500m付近に-36度以下の寒気が入ってくると平野部でも大雪災害への備えが一段と必要になります。目安として覚えておいてください。

上空に強い寒気が入ることが予想されているときは、大雪注意報・大雪警報・風雪注意報・暴風雪注意報などの警報・注意報の発表に気をつけましょう。警報・注意報が発令されたときは、屋外での行動や車の運転を控えるなど早めの対応が必要です。

また、雪のリアルタイムの状況や今後の降り方などは気象情報を参考にしてください。雪雲の状況は気象庁のナウキャスト、積雪状況や今後の雪の状況などは降雪短時間予報で確認することができます。

<執筆者プロフィル>
田頭 孝志
防災アドバイザー/気象予報士
田頭気象予報士事務所。愛媛の気象予報士・防災士。不動産会社の会員向けの防災記事、釣り雑誌にコラムの連載・特集記事の執筆、BS釣り番組でお天気コーナーを担当したほか、自治体、教育機関、企業向けに講演を多数、防災マニュアルの作成に参画。

<関連する記事はこちら>
前もって準備!大雪に備える行動&持ち物チェックリスト

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル