top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「妻の海外赴任はダメ? 夫に『専業主夫』になりついてきてほしい」…女性の投稿に共感!専門家が称賛するワケ

J-CAST会社ウォッチ

「妻の海外単身赴任はダメですか」「夫は『主夫』になってついてきてほしいのですが…」

こんな投稿が話題になっている。

夫婦に子どもはなく、妻のほうが収入は高い。夫はというと、男が女の転勤についていけるか! と猛反対だ。

海外赴任を経験した人からは「夫がついてくるのは当たり前なのに」との意見もあって、プライドを振りかざす夫に批判的だ。専門家に話を聞いた。

「男が妻の単身赴任についていくなんて考えられない」

話題になっているのは、女性向けサイト「発言小町」(2021年12月21日付)に載った「女が単身赴任はダメですか?」というタイトルの投稿だ。こんな内容だ。

「35歳、お子なし夫婦です。お互い子どもが得意ではないので、夫婦2人でやっていく選択をとっています。私に転勤辞令が出ました。半年後に5~6年海外になります。私の会社は一度海外に出ることがキャリアアップであり、帰国したら役職者になることが多いです。早めの出世で、とても嬉しかったです」

と、喜んだ。そして、夫に「私が単身赴任する」か「あなたが退職して主夫になり、海外に付いてきてもらう」かのどちらかにしてほしいと相談した。ところが、夫は渋った。「女が家庭を振り回して転勤する」ことが理解できないというのだ。女性はこう続ける。


夫には「専業主夫」になり、ついてきてほしい(写真はイメージ)
「夫も転勤がある仕事ですが、その場合は『仕事を辞めてついてきて欲しい』そうです。矛盾していると思いました。夫の転勤に妻がついていく、というのはよくありますが、妻の転勤に夫がついていく(もしくは単身赴任)というのはそんなにおかしいことでしょうか」

広告の後にも続きます

投稿によるとこの夫婦は、都内の「3LDKプラスS(サービスルーム)」に暮らし、収入は女性のほうが夫より高いらしい。女性が単身赴任すると、残された夫は狭い住居に移らなくてはならず、生活レベルが下がることにも納得していない。

「男が妻の単身赴任についていくなんて考えられないが、今の生活は維持したい」の一転張りだ。女性は、「折衷案がわからなくなりました」と悩みを打ち明けるのだ。

「専業主夫もいま数えただけでも12人いますよ」

この投稿には「私も海外に単身赴任しましたよ」「今や、夫が主夫として妻に付いてくるのは当たり前の時代です」と、経験者を中心に応援エールの声が多かった。

「子どもが生まれてから、夫も私も海外出張や海外赴任経験しています」「私の周りでは、妻が単身赴任や海外赴任なんてありふれた話です。専業主夫もいま数えただけでも12人います」「私自身がそういう親に育てられたし、両親を誇りに思っています」「男はよくて女はダメって、しかも自分の時は辞めてついてこいだ? ふざけんなって話ですね」
「私の周囲で、奥さんが海外単身赴任は多いです。ご主人は協力的で、年単位で子どもたちを順番に育て、最初の年はご主人が育てたり、2年目から奥さんが子を帯同したりと、工夫しています」
「海外赴任先でも奥様の赴任に付いてきているご主人は何人かいました。お子さんがいて、ご主人が家事育児をしながら在宅ワークなど。もしくはセミリタイア生活。日本人だけでなく、ほかの国からもそういったご夫婦、ご家族がいました」

また、60歳近いと思われる女性は、投稿者の夫のためにも海外で飛躍するチャンスになるかもしれない、とこんなアドバイスする。

「私も30半ばで海外赴任をした者です。既に還暦ですから、当時は両親も、義両親も、ええっ!という反応でした。しかし、夫とは結婚当時からそういうことがあり得ると話し合っていたので、外野の反応は気にもしませんでした」「(しかし、)何が起きるか分からない。で、離婚届をいつでも出せるように準備しました。結局出さずに6年後に無事戻りました。50歳になって、2人とも以前の私の赴任先でよいポストが見つかり、2人で海外に移動しました」

「人生最大のチャンスなのに」と、投稿者の夫の背中を押す声もあった。

「素晴らしい配偶者と赴任先に帯同し、自分の経験値を増す、またとないチャンスを逃すなんて、とてももったいない。現地の大学に通うのもアリだと思う。旦那様に言いたい。『専業主夫でもよい』と言ってくれるパートナーなんていないよ」

このほかには、「離婚してスッキリした形で海外赴任しては」という意見も少なくなかった。

堂々と「夫を養う」覚悟を決めたキャリア女性だが…

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル