top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

残高が減り続けていく…焦る男性が、急に歓喜の声を上げたワケ

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、吉村真理氏の書籍『絆の海』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

押し寄せるコロナの脅威…

「ステイホーム週間」と銘打たれたゴールデンウィークは、例年の賑わいははるか昔のことになった。誰も来ないほどでもなく、一日に一人は来てくれた。長い自粛生活の中、休暇で緊張の糸がほぐれたのだろう。男の方がこざっぱりひと月に一度は切るので、短時間でカットを済ませるとすっと帰っていった。

売上は前年の十%にも満たなかった。来月の家賃の支払いを済ませた後で、残高が減っている通帳を見てガクッとなった。この調子だと半年もたないかもしれない。一瞬波が来たかと思うとサーッとひいていった。穴があくほど予約台帳を見ても、待てどもネットの新着も電話もなかった。

はあー。薄いオレンジ色の夕焼けを窓越しに眺めながら、グイッとマグカップのお茶を喉に押し込んだ。

そろそろ閉店かと思っているころだった。宅配便が大きな段ボールを運んできた。差出人は彼女の名前だった。突然何だろう? 早く中を見たい気持ちで、控室のテーブルの上にのせるとカッターでガムテープをさっとカットして中を開けた。

広告の後にも続きます

「おおー!」

歓喜の声が出てしまった。贈り物ってやっぱり嬉しいものだ。不意にそれが来たときほどありがたいものはない。

ビールにあいそうなスナックやアーモンドがある。すぐに開けて食べる。美味い! お店の茶菓子用に、ブラウンシュガークッキーとお菓子の箱が入っている。

これは、よく洒落たレストランで見かけるハンドソープだ。オーガニックなのが、うちの店にあうし自然な香りがいい。この時期だから手洗いに欠かせないし。

そう言えば先週久しぶりにデパ地下に行ったとメッセージが来ていたな。まさか自分のために何かを買ってくれていたとは思いもしなかった。ビールを入れなかったのは身体を気遣ってのことだろう。

ランニング用に吸汗性の良いTシャツも二枚入っていた。スポーツ用のウエアをもっていないのよく見てるな。アイリスの写真が一面に広がるポストカードにメッセージがあった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル