top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【2021年】最も輝いていた「女性声優」ランキング

ママテナ

【2021年】最も輝いていた「女性声優」ランキング(C)ママテナ
テレビ版と劇場版を合わせて毎年200本以上の作品が制作される日本のアニメ界。同時に作品数を上回る多くのキャラクターが生み出され、そのキャラクターたちの個性や容姿にふさわしい声優が選ばれ演じてきました。そこで今回は、2021年を振り返って、最も輝いていたと思う女性声優が誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 花澤香菜
2位 鬼頭明里
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は「かないみか」!


1989年に声優としてデビュー。代表作に『それいけ!アンパンマン』のメロンパンナ役や『ひぐらしのなく頃に』(2006年)の北条沙都子役などがある。2021年は、2020年10月よりスタートした『ひぐらしのなく頃に』の完全新作となる『ひぐらしのなく頃に 業』とそれに続く『ひぐらしのなく頃に 卒』で引き続き北条沙都子役を演じた。

2位は「鬼頭明里」!


2014年より声優として活動を開始。その後、『タイムボカン 逆襲の三悪人』のカレン役や『虚構推理』の岩永琴子役など、多くの作品で主役やヒロインを務める。2021年は、テレビアニメとして「無限列車編」と「遊郭編」が放送された『鬼滅の刃』の竈門禰豆子役や『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』碓氷アブト役などを演じた。

3位は「花澤香菜」!


2003年にテレビアニメ『LAST EXILE』で声優デビュー。特徴ある癒やしボイスで数々のメインキャラを務める。代表作として『化物語』の千石撫子役や『PSYCHO-PASS サイコパス』の常守朱役などがある。2021年は、アニメ第2期となった『はたらく細胞!!』の赤血球役や『五等分の花嫁∬』の中野一花役などを演じた。

このように、『ひぐらしのなく頃に 業・卒』での暗躍ぶりがあまりにも印象的だった北条沙都子役のかないみかが1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~58位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが2021年最も輝いていたと思う女性声優は、何位にランク・インしていましたか?

写真:タレントデータバンク
かない みか|3/18生まれ|女性|東京都出身)
鬼頭 明里|10/16生まれ|女性|B型|愛知県出身)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,099票
調査期間:2021年12月08日~2021年12月22日

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル