top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本でも原爆開発の事実があった。柳楽優弥、有村架純、三浦春馬が「太陽の子」に込めた思い。

キネマ旬報WEB

日本でも原爆開発の事実があった。柳楽優弥、有村架純、三浦春馬が「太陽の子」に込めた思い

被爆国の日本が、戦争で原子爆弾を初めて使う側になっていたかもしれなかった……。そんな太平洋戦争末期の日本の原爆開発の史実を基に、その研究に没頭する若き科学者、彼の弟の軍人、兄弟の幼馴染女性の3人を中心に、時代に翻弄された若者たちの等身大の姿を描いた青春群像「映画 太陽の子」。そのBlu-ray&DVDが1月7日にリリースされる。

日本でも研究されていた原爆開発の事実

太平洋戦争末期、日本の原爆開発は「F研究」と呼ばれており、脚本・監督を務めた黒崎博は、この研究に従事した若き科学者の日記の断片を偶然に目にしたことから、10年以上今回の企画を温め続けた。その日記には大きな任務に携わる傍らで、日々の食事や恋愛など等身大の学生の日常が書き記されていたそうで、実在の人物および事実をリサーチした上で、それらを基にフィクションとして本作の物語を書き上げたという。

1945年の夏、京都帝国大学・物理学研究室の大学院生である若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、軍の密命を受けて原子核爆弾の研究開発を進めていた。その頃、幼馴染の朝倉世津(有村架純)が、建物疎開で家を失ったため、修の家に居候することに。時を同じくして、修の弟・裕之(三浦春馬)が、戦地から一時帰郷。3人は久しぶりの再会を喜び、ひと時の幸せな時間を過ごす。しかし、裕之は戦地で深い心の傷を負っており、物理学に魅了されて研究に没頭する修も、その裏にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。裕之が再び戦地に赴く中、修と研究チームは開発を急ぐが、運命の8月6日、広島への原爆投下の日が訪れてしまう……。

科学者の葛藤と狂気

研究に没頭する主人公の科学者・石村修を演じるのは柳楽優弥。修の弟で戦地に向かう志願兵の石村裕之を三浦春馬。その幼馴染の二人を包み込む朝倉世津を有村架純がそれぞれ演じている。

修と研究チームの科学者たちは、原子核爆弾の開発が日本を救うためのものであると信じながらも、大量殺戮兵器であるということも認識はしている。科学者が兵器開発に関わること、研究のために兵役を免れていることなど、それぞれが個々に異なる葛藤や苦悩を抱えながら研究に参加していたことが丁寧に描かれる。現実的には物資の不足していた当時の日本では難しかったのかもしれないが、もしも開発に成功していたらと思うと恐ろしい。そんな科学者の葛藤を描く一方、純粋に未知のものを作りたいという科学者としての本能や興味につき動かされ、兵器研究に没頭していく主人公・修の姿は、狂気的にも映る。非常に複雑なこの人物を、柳楽は朴訥そうな中にも情熱と信念を持つ人物として力強く演じている。

広告の後にも続きます

修の弟・裕之を演じた三浦は、普段は気丈に明るく振舞いながらも、実は戦地で負った深い心の傷を抱えた特攻隊員役を繊細に表現。国や家族を守るため、先に逝った戦友たちのように闘い抜きたいと思いながらも、死への恐怖と生き残ってしまった苦悩の間で苛まれている。三浦ならではの豊かな表現力で、兄と世津にだけ見せる笑顔や弱さは見る者の心に深い印象を残す。母や兄に見送られながら二度と帰れない戦地に向かう後ろ姿には、様々な思いがこみ上げてしまう。

修と裕之がほのかに想いを寄せる幼馴染の世津は、母とはまた違った立場で二人を包み込む存在。ただ一人、戦争が終わった後の世界を見据えている希望のような存在でもある。有村はそんな世津役を柔らかさと芯の強さの双方を醸し出して見事に表現。柳楽、三浦、有村の3人が、強い責任感や使命感を持ち、この作品に並々ならぬ思いで取り組んでいたことは、豪華版のDVDとブルーレイに収録された各種の映像特典で見ることができる。

語り継ぐべき戦争体験
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル