top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画脚本の登竜門!第47回城戸賞発表

キネマ旬報WEB

 1974年12月1日、「映画の日」に制定された城戸賞が今年、47回目を迎えた。映画製作者として永年にわたり日本映画界の興隆に寄与し、数多くの映画芸術家、技術家等の育成に努めた故・城戸四郎氏の「これからの日本映画の振興には、脚本の受けもつ責任が極めて大きい」との持論に基づき、新しい人材を発掘し、その創作活動を奨励することを目的とした本賞。これまでも「のぼうの城」(11)、「超高速!参勤交代」(14)など受賞作が映画化され大ヒットした例もあることから、本賞への注目度は映画界の中でも圧倒的に高い。ただ、それだけに入選のハードルも高く、今年も7年連続「入選作」が選ばれなかったという現実も。また、昨年に引き続き、コロナ禍で人々の生活が一変するなか、その影響もあってか、選考対象作品は昨年の406篇より少々減少、337篇となったことも、記録に留めておきたい。その中から10篇が最終審査に進み、準入賞を果たしたのは一戸慶乃氏の「寄生虫と残り3分の恋」と生方美久氏の「グレー」の二作品、昨年、「御命頂戴!」で準入賞を果たした島田悠子氏の「薄氷(うすらい)」は佳作を受賞した。準入賞二作品の全篇を別項で紹介するとともに、最終審査に残った10篇の総評と受賞作品の各選評を掲載する。

右から準入賞を果たした一戸慶乃氏、生方美久氏、佳作を受賞した島田悠子氏

選考対象脚本 337篇

日本映画製作者連盟会員会社選考委員の審査による第一次・第二次・予備審査を経て、以下10篇が候補作品として最終審査に残った。

「吉原狂花酔月」 渡辺健太郎 

「ユスティティアの姉妹」 柏谷周希 

広告の後にも続きます

「スノーブランド」 菊地勝利 

「寄生虫と残り3分の恋」 一戸慶乃 

「劇団クソババア」 竹上雄介 

「薄氷」 島田悠子 

「グレー」 生方美久 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル