top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ほんのりと漂う心地良い香りに癒されよう♡ これからの冬にも重宝するSHIROの「さくら 219」をおためし

おためしコスメナビ

219回もの試作を重ねて誕生した人気の香りがハンドクリームとボディミストに!


SHIROの限定フレグランスシリーズから、大人気の香り「さくら 219」が今年も数量限定で登場! 「さくら 219」は、フルーティな甘さと華やかでやわらかな甘さがほんのりと香る、心地良い香りが特長だ。今回発売されるアイテムは、ベタつかずしっとり保湿できる『SHIRO さくら219 ハンドクリーム』と、みずみずしく保湿できる『SHIRO さくら219 ボディミスト』の2アイテム。それぞれの使用感を早速おためししてみた!

冬の保湿ケアにもぴったり! SHIROからほんのり甘い「さくら 219」の香りのハンドクリームとボディミストが登場

株式会社シロ(東京都)が展開する「SHIRO」から毎月登場している限定フレグランスシリーズ。今回登場するのは、新春にぴったりの香り「さくら 219」。「さくら 219」は2012年の春に、SHIROを応援してくれている受験生の女性に、「サクラ咲きますように」という想いを込めて誕生。219回もの試作を重ねて生まれたその香りは、ピーチやグリーンのフルーティな甘さに、ジャスミンやムスクの華やかでやわらかな甘さがブレンドされた、ほんのりと漂う心地良い香りが特長だ。

そんな「さくら 219」の香りから今回ラインナップされているのは、『SHIRO さくら219 ハンドクリーム』(45g・希望小売価格 税込1,650円・2022年1月6日発売※数量限定)『SHIRO さくら219 ボディミスト』(100mL・希望小売価格 税込1,980円・2022年1月6日発売※数量限定)の2アイテム。心地良い香りを纏いながら肌を保湿ケアできるため、乾燥しやすい季節にも重宝する。

また「さくら 219」の製品に印字されている文字色に使われているのは、「常に春であること」という意味を含む長春色(ちょうしゅんいろ)。縁起のいい特別なデザインとなっている。それぞれの特長を詳しくチェックしながら、使用感をレビューしていこう!

『SHIRO さくら219 ハンドクリーム』

広告の後にも続きます

まずおためしするのは、『SHIRO さくら219 ハンドクリーム』。桜をイメージしたやさしい香りを楽しみながら、手肌をしっとり保湿できるハンドクリームだ。スリムなチューブタイプなので、持ち運びにも便利! ポーチに入れて持ち歩けば、カサつきが気になったときはもちろん、外出先で手指の消毒による乾燥や荒れが気になったときにも気軽に使える。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル