top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【5歳児】食べない子のママ必見!7つの対処法と好き嫌い解消レシピ5選

たべぷろ

年中さんや年長さんにあたる5歳の子どもたち。食べないと心配しているママをよそに、来年は年長さんや小学生になる「おにいさん」「おねえさん」なんだという自覚も芽生えるころですよね。楽しい食卓にしようと「◯◯ごっこ」で食べさせようとしたり、デザートを用意したり、これまでの対処法を試しても歯が立たないと苦戦しているママも多いはず。5歳児が食べないときに試したい対処法やレシピを、たべぷろ編集部員が紹介していきます。

5歳児が食べてくれない!ママの悩みは?

赤ちゃんの頃のような遊び食べは減ってくるものの、まだまだ食事の悩みはつきません。5歳の子の「食べない」悩みにはどのようなものがあるのでしょうか。

少食

「大きくなったら食べるようになるよ」という言葉を信じていたものの、食事量があまり増えていないと心配になりますよね。「体が大きくなっているのに、足りるの?」と思ってしまうママもいるでしょう。

偏食

野菜やお肉といった特定のものを食べない子も多くいます。好き嫌いがよりはっきりしてくると、ママは献立に困りますね。

食べるのが遅い

食べるスピードが遅いとやきもきしますよね。とくに、朝ごはんを食べるのが遅いと「来年は小学生なのに、登校班に間に合うの?!」と心配な年長児のママもいるでしょう。

もう5歳なのに…食べてくれない6つの理由

広告の後にも続きます

「もう5歳なのにどうして食べないの?!」というママの疑問もごもっとも。しかし、5歳児なりに食べない理由があるはずです。

もともと少食だから食べない

食べられる量には個人差があります。もともと食事量が少ない子の場合、少量でお腹がいっぱいになってしまうこともあるでしょう。食べないのではなく、食べられないのかもしれませんね。

ごはんの盛り付け量が多い

たくさん食べてほしいから…とついつい大盛りにしがちなママも多いでしょう。期待を込めて盛り付けた量が子どもにとって多すぎる可能性もあります。

幼児食の量は大人の半分くらいが適切な量といわれていますが、必要な食事の量には個人差があります。子どもにとって多すぎる量が盛ってあることでプレッシャーを感じてしまい、食事を楽しむ気持ちになれないかもしれませんね。

好き嫌いが強くなっている

5歳にもなれば、子供の意志がより強くなってきます。嫌いなものは食べたくないという主張が強い時期です。記憶力も発達しているため「これは前に食べておいしくなかったから手をつけないでおこう」と、食事の経験から食べなくなっている可能性もあります。

食事の時間がストレスになっている

しっかり食べて元気に育ってほしいという気持ちから「もっと食べなさい」「ちょっとしか食べてない」という言葉がついつい出てしまうものですよね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル