top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吹替放送やプラモデルブームで昭和の人気作に!『サンダーバード』が起こしたムーブメントに迫る!

ガジェット通信

完全新作で蘇る、日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』が2022年1月7日より劇場上映、2022年1月8日よりオンライン上映することを前に、TVシリーズ放映当時の日本独自のサンダーバード文化の盛り上がりや影響について紹介します。  

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソン氏の代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いマリオネット・エンターテインメント『サンダーバード』。

なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から、今日では『シン・ウルトラマン』監督の樋口真嗣氏や『シン・仮面ライダー』監督の庵野秀明氏がファンであることを公言するなど、数々の日本特撮、ロボット・SFアニメ作品にも多大なる影響を与え、世界でも、『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』『007』など錚々たる作品に影響を与えた伝説的作品として知られている。その伝説が、当時の技術を再現した奇跡の完全新作として帰ってくる!

手の込んだ日本語吹替やプラモデルの登場によって人気を獲得! 本記事では、特撮映像がブームを巻き起こしていた日本放送当時の歴史を深堀りします!

『サンダーバード』の日本放送スタートから特撮番組は流行の最前線に!

日本では、イギリス本国での放送から1年後にあたる1966年(昭和41年)4月10日より、NHK総合にて『サンダーバード』の放送がスタート。同タイミングで、円谷プロダクションが制作する特撮テレビ番組『ウルトラQ』が放送しており、その3か月後には番組の国産初のカラーで制作された特撮テレビ番組『ウルトラマン』の放送が開始されるなど、特撮番組のブームが起こっていました。

広告の後にも続きます

「ウルトラマン」の生みの親である円谷英二氏は、『サンダーバード』に大きく影響を受けた人物のひとりであり、フィルムを取り寄せたり、イギリスの撮影現場を見学していたことも。のちに円谷が制作した『ウルトラセブン』は、『ウルトラマン』よりもメカの描き方に注力されており、『サンダーバード』にインスパイアされた作品として知られています。

また当時の子供向け番組は、現在のアニメーション等と同様に原則30分間でしたが、『サンダーバード』は異例1時間枠で放送され、途中にCMも入らず没頭して作品を楽しむことができたのも、視聴者をくぎ付けにした理由の一つとなっています。

日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』では、樋口真嗣氏による構成のもと、懐かしい日本版要素がたくさん詰まった特別版となっており、どこかレトロな雰囲気が垣間見える本作をぜひご期待ください!


動画:『サンダーバード』樋口真嗣監督構成パート公開[TB55 Shinji higuchi]
https://youtu.be/scsnu053YAo

プラモデルの登場で『サンダーバード』人気は急上昇!

『サンダーバード』放送開始直後に、いち早く版権を取得した模型メーカーの今井科学は1966年12月に日本初のプラモデルとなる、ゼンマイ走行ギミックを持つサンダーバード2号を発売。折り畳み式の支柱を立てると劇中の着陸シーンを再現でき、さらに着脱式コンテナには高速エレベーターカーが3台収納できるという非常に洗礼されたギミックと低価格から大ヒット商品になりました!

これを皮切りにプラモデルブームが起こり、『サンダーバード』プラモデルのシリーズ化が決定。他の救助メカやペネロープ号(FAB1)、トレーシーアイランドをキット化したものなど様々な商品が開発されました。中にはトレーシー兄弟のフィギュアとそれぞれが乗るミニサンダーバードメカがセットになった「マスコット隊員」シリーズや、小さい子供でも気軽に手を出せる低価格のアイテムなども展開。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル