top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

反町隆史卒業で『相棒』どうなる?『水谷豊論』の社会学者が今後を展望

SmartFLASH

 初代は、寺脇康文が演じた亀山薫。猪突猛進で人情もろい、典型的な熱血刑事である。いつもスーツに身を包み、冷静沈着な右京と、ラフなMA-1ジャケットでアクティブな薫は、「静」と「動」の好対照だった。まさに、“バディもの” の王道パターンである。

 

『相棒』には、警察ドラマの一面もある。右京は、納得いかなければ相手が誰であろうが、絶対に妥協しない。警察組織の正義と右京個人の正義はしばしば対立する。その衝突や駆け引きも大きな見どころだ。

 

 及川光博が演じた2代目相棒・神戸尊は、警察庁が右京を監視する目的で送り込んだ “スパイ” だった。だから右京には素直に従わず、「お言葉ですが」と逆らったりする。亀山薫とは対照的である。だが少しずつ距離を縮め、結局特命係を離れてからも右京の捜査に協力するような間柄になった。

広告の後にも続きます

 

 3代目の相棒、成宮寛貴が演じた甲斐享は若かった。刑事としての素質を見込んだ右京が、特命係に自らスカウト。つまり2人は、師弟関係にある。右京のようになろうと、自らの正義を追求する享。ところが、それが享を逆に追い詰める。法で裁かれない悪を自らの手で罰しようとした享は、結局犯罪に手を染めてしまう。メインの刑事が犯罪者になるという掟破りの結末は、大きな衝撃を与えた。

 

 そして4代目の冠城亘。彼は法務省のキャリアから警視庁に出向、その後、正式に警察官となった変わり種である。普段はよく軽口をたたき社交的だが、事件の真相究明に関しては手段を選ばない一面も持つ。また人情家な部分もある。そんな一本芯の通ったつかみどころのなさは、右京とも共通する。この2人は、かなり似た者同士と言えるだろう。

 

 この間に、杉下右京はどう変わっただろうか?

 

 まず、シャーロック・ホームズばりの博覧強記と鋭い推理力は変わらない。それは、名探偵ものでもある『相棒』の土台だ。

 

 だが一方、歴代の相棒との関係のなかで、右京はさまざまな顔を見せてきた。

 

 亀山薫の場合は、助け合いながら、ともに闘う仲間といったところだろうか。それに対し、神戸尊の場合は、腹の探り合いもありながら、捜査においては一致協力するクールさが、より際立っていた。

 

 また甲斐享の場合は、先述のように師弟関係の要素が強く、そこに悲劇的な結末の理由もあった。そしてその反省もあってか、冠城亘の場合は、大人同士の成熟した関係だったように思える。

 

 では、反町隆史卒業後、杉下右京は、どのような顔を見せてくれるだろうか?

 

 ここは一ファンとしての願望も込めて、いまあるものを一度壊すような、緊張感をもたらす相棒の登場を待ちたい。冠城亘とのコンビには得がたい安定感があったが、そこをあえてゼロに戻すのもありではないかと思う。たとえば、初の女性相棒を迎えるのもひとつの手だろう。

 

 思い切った冒険を恐れないのも、『相棒』の大きな魅力。次シーズン、「ニュー右京」を見てみたい。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル