top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

交通ルール厳守のために覚えておきたい道路標識【ニュージーランド】

ワウネタ海外生活


ニュージーランドは車社会。どこへ行くにも車があると便利です。
ちなみに、日本と同じ左側通行なので、交通ルールで大きく混乱することはないでしょう。
とは言え、国が変わればルールも変わるということで、道路標識はもちろん日本のものとは異なります。
そこで、今回はニュージーランドの道路標識を2つ紹介します。

まず日本には少ないのがRound aboutと呼ばれるロータリー形式の丸い道路。
右側優先で円の中に入り、行きたい方向で出ていきます。
このロータリーが近いときには必ず、矢印で円が描かれている標識があります。
一旦停止義務はありませんが、右から他の車が来ていると止まる必要があるので、スピードは緩めておくといいでしょう。

次に、混乱しやすいのが白くて丸い標識に黒い斜線が入っている標識。
実はこちらは100km/時の速度制限を表しています。
私は80km/時と勘違いしており、たくさんの車に容赦なく抜かされた経験があります。
ちなみに、ニュージーランド人は普段は温厚ですが、ハンドルを握ると途端に短気になる方が多い印象です。

レンタカーを借りてニュージーランド中を回る日本人旅行者の方や、ワーキングホリデーの方も少なくありません。
知らない道路標識が出てきて慌ててしまわないように、ニュージーランドの交通ルールはしっかり確認しておいてくださいね。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル