top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

タイ俳優シントーとマックス&トゥン、それぞれ日本向けクリスマスオンラインイベントを開催、二組が届けた愛と夢いっぱいの聖夜

SPICE

左からマックス・ナッタポン、シントー・プラチャヤー、トゥン・パーコーン


12月24日(金)に、シントー・プラチャヤーと、マックストゥンと呼ばれるペアのマックス・ナッタポンとトゥン・パーコーンのタイ俳優二組による、日本向けクリスマスオンラインイベントが開催された。先に配信されたのは、ドラマ『Manner of Death』をはじめとする数々のドラマでカップル役を演じたマックストゥンの『MaxTul X’mas Online Event』。その直後にシントーの日本公式ファンクラブ「Samoonjaopa JAPAN」主催の会員限定のクリスマスオンラインイベント『Singto X’Mas Online Event』が配信された。シントーはドラマ『SOTUS/ソータス』シリーズで一躍有名になり、現在放送中の『Paint With Love』や『Baker Boys』でメインキャラを演じている人気俳優で、日本でも多くのファンを獲得。12月1日(水)には日本公式FCが立ち上がり、タイ俳優初の快挙を成し遂げた。クリスマスイブに自宅にいながら、愛するタイの俳優達と素敵なイブを堪能できるなんて、一年前には想像すらしなかった。しかし今年は、そんな夢が叶ってしまう。ファンに寄り添い、喜びを共有する素敵な二組によるオンラインイベントをレポートしよう。

『MaxTul X’mas Online Event』


パーティークラッシャーの名の通り、最後まで飛ばしまくる『MaxTul X’mas Online Event』

飛び切り素敵なアバンタイトル(本編前動画)が幾度となく回り、期待をそそる中、黒で統一されたシックなスタジオに司会で通訳のアキが登場。今年4月に開催された在東京タイ王国大使館主催の『タイドラマフェスティバル2021』での名司会もさることながら、マックストゥンのオンラインイベントになくてはならない存在。2人との相性が抜群で、「マックストゥン=パーティークラッシャ―」の名付け親でもある。

『MaxTul X’mas Online Event』


「皆さんこんばんは! お元気ですかー?」と流暢な日本語で登場するマックスとトゥンの2人。そう、彼らはかなり日本語が上手。今日も底抜けに明るいテンションで日本語を操るのだろうとニヤニヤしてしまう。トゥンはマックスの顔を持ち上げ「クリスマスイーブイ」「ポケモン! ポケモン!」と想像の斜め上行く挨拶。そしてハグ。嗚呼、聖夜なり。開始早々寄ると触るとハグする2人に、即座に突っこむアキという通常運転でファンミーティングはスタートした。

広告の後にも続きます

まずはウォーミングアップのフリートーク。「日本で行きたい場所は?」との問いに「表参道。イルミネーションが綺麗だったよ。トゥンをカメラマンとして連れて行きたい」と満面の笑みで答えるマックス。

『MaxTul X’mas Online Event』


近況を問われたトゥンは「コモ(飼い猫)の餌やりで大忙し。あとはインテリアデザインの仕事も多い。あ、ドラマはありません」とニヤリと答える。世界のプロデューサー達! 今すぐにトゥンにドラマを! 一方マックスは新作ドラマの為にボートの練習をしていると披露。とにかく日常が愛猫一色のトゥンに「マックスがNo.1。コモはNo.2」とマウントを取るマックス。「そうそう。コモはNo.2」と頷くトゥンに、思わずアキから「2人でイチャイチャしちゃって」と鋭いツッコミが。

『MaxTul X’mas Online Event』


続いて、日本でも人気を博した『Manner Of Death』にまつわる話に。お気に入りのシーンや難しかったところを細かく伝えてくれる。もちろんハグ付きで。印象に残ったのはお気に入りの台詞。マックスが挙げたのは10話の「僕の悪い子に戻って」。日本語で復唱しながらまた2人でハグ。聖夜なり。トゥンは5話の「こんなことに金(税金)を使うな!」と警察に激怒する台詞がお気に入り。これは、コロナ禍におけるタイ政府の在り方に物申すという意味でも、ドラマと現実がリンクしたと話す。

「以心伝心ゲーム」では、ゲーム開始前にハートを書きファンに披露するお茶目なトゥンにマックスも思わずにんまり。「はいはい、もういいですよ」と鋭く突っ込むアキの名司会ぶりに2人も爆笑していた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル