top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

太地喜和子、私生活と重なった「男はつらいよ」の芸者役“含羞を放つ笑顔”

アサ芸プラス

 女優・太地喜和子が死去したのは、1992年10月13日。享年48。事故死であった。

 乗用車が桟橋から海に転落、同乗していた太地は溺死した。酒を飲んでいたうえに、太地は泳げなかったという。その唐突な消失は、いまだ現実感が伴わずに、フィクションの一場面のようだ。

「いい女」「恋多き女」といえば、太地であり、結婚し離婚した秋野太作、さらに三國連太郎、十八代目中村勘三郎、七代目尾上菊五郎、志村けんなど、ウワサになった男たちは数多い。

 彼女の魅力である、含羞をも垣間見せるその笑顔が“堪能”できるのが、「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」(1976年・松竹)である。

 太地演じる芸者・ぼたんが登場するのは、本編のほぼ半ば。例によって、招かれざる客の寅さんが、地元名士の長すぎる挨拶に退屈する。目前の膳にのる芋の煮っころがしを箸でつかもうとして、その芋がころがりおちて、畳の上をころりんころりんの一席。

広告の後にも続きます

 ここで屈託なく笑い転げるのが太地演じる芸者・ぼたん。笑いを交わす寅さんとの呼吸が絶妙で、一気に気心が通じて…のくだりである。

 宴席ゆえに、笑いのめし、酒酌み交わしのシーンだが、その笑顔にさえ、少しの“無理”がほの見えるのである。はにかみだったろうか…?おそらくは、実母を知らぬ私生活でも、見せていたであろう、はにかみと哀しみを隠すための大酒でもあったろうか…?

 映画では、「いずれそのうち所帯を持とうな」との寅さんの一言を受けたぼたんが、「とらや」を訪れる。

 そこで会うさくらを「こんなにかわいらしい奥さんがいてはるやないの」と、寅さんを咎める顔が、この“はにかみ”顔である。

 男はこんな女の顔を見れば、離れられなくなるに決まっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル