top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

寿美菜子、帰国インタビュー!イギリスでの経験を受けて感じた自身の“変化”とは【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK最終回】

アニメ!アニメ!

寿美菜子、帰国インタビュー!イギリスでの経験を受けて感じた自身の“変化”とは【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK最終回】

1年半イギリスで生活していた声優・寿美菜子さんが、ついに日本に帰国されました。イギリスでどんな日常を送っていたのか、寿さんの言葉でリアルに伝えていくインタビュー連載「寿美菜子のAnother Wonderland in the UK」も、今回で最終回となります。

これまでオンラインでインタビューを行ってきましたが、今回はついに対面という形で寿さんに取材。これまでのイギリス生活を振り返っての感想や、帰国して感じた日本、そして友人たちの変化。また、1年半の間イギリスで経験したことを活かし、今後、どうなっていきたいかなど未来のビジョンについて、たっぷりとお聞きしました。

東京の街並みと共に写った寿さんの撮りおろしカットとあわせてお楽しみください♪
[取材・文:米田果織 撮影:小原聡太]

■イギリスに行ったからこそ気付けたこと



――ようやくお会いできたのに、「今月もよろしくお願いします」というのがこれで最後になります。なんだか寂しい気持ちに…。

寿:本当ですね! イギリスで別れを終えてきたかと思ったら、日本でも…。私も寂しいです。

――最初はこの連載も1年と決まっていましたが、寿さんのイギリス生活延長とともに1年半に伸び、計21回もお話を聞くことができました。

寿:21回もインタビューをしていただいたんですね! これまでの20回を読み直して、この1年半が走馬灯のように蘇ってきました。渡英を決めた時は、まさか世界がこのような状況になるとは思わなかったので…。

――新型コロナウイルスの影響で、想定していたイギリス生活とは違った部分もあったと思います。改めて、このイギリス生活の1年半を振り返っての思いを聞かせてください。

寿:今ちょうど日本に馴染み始めているからなのか「本当に先月までイギリスにいたんだっけ?」と、なんだか夢を見ていたような気分なんです。帰国してからYouTubeチャンネル「寿美菜子の~マジ寿!~」をよく見返しているのですが、「こんな素敵な景色の中にいたんだなぁ」となんだか遠い昔の記憶のような…。イギリスにいた時は毎日が奮闘の日々で、かなり濃い1日を過ごしていたはずなのに。おそらく、その経験が良いものばかりだったからこそ、“夢のような1年半”として記憶に刻まれているんだと思います。

――前回は隔離期間中にインタビューをさせていただきました。隔離期間を終え、日本でどのような日々を過ごしていますか?

寿:両親が東京に来てくれたので一緒に過ごしたり、甥っ子の七五三の撮影に参加したりと、日本らしい伝統に触れたことで「日本に帰ってきたんだな」と実感が沸いてきました。

――イギリスでのんびりした時間を過ごしていた分、時間がきっちりしている日本のギャップに戸惑うことはありませんか?

寿:ちょうど、その感覚を味わっている最中です。ずっと「大縄跳びに入りそびれないようにしなきゃ」みたいな焦りがあって、「そういえば日本にいる時はいつもこんな感じでセカセカしていたな」と思い出しました。でも、イギリスに行かなければ自分が焦っていたことすら気が付かなかったので、それに気付けたことは私の成長だと思います。「どっちが良い」とかもなくて、日本はそのスピード感を全員が持っているからこそ物事がスムーズに進んでいるし、イギリスは時間に囚われないからこその心のゆとりもあるし。それぞれの良さを改めて感じました。

――その他に、イギリスにいたからこそ気付いた日本ならではのことはありますか?

寿:私自身のことになってしまいますが、「そんなに急ぐ必要はない」ということ。車を運転すると、みんなのスピード感に乗り遅れちゃいけないという気持ちで、どこかアクセルをもっと踏まなきゃ!と焦る自分がいたんです。昔、教習所の先生に「寿さんの道でもあるんだから、寿さんが気を使いすぎる必要はないんですよ」と言われたことがあって。当時は他人に合わせることが事故を防ぐ一番の方法だと思っていましたが、そうじゃないことに気が付いたんです。ゆとりある運転が一番事故を防げるし、余裕を持って運転した方が視野も広がるし、たとえ遠回りしてもステキなお店に出会えるかもしれないじゃないですか。あの言葉の意味は、イギリスに行かないと気が付かなかったと思います。

――ステキな教習所の先生ですね…!

寿:あと、「寿さんがドキドキするのは恋愛するときだけで良いんですよ」とも言われました(笑)。マニュアル免許を取ったので、エンストするのが怖くていつも発車をビビりまくっていたんです。それに対するコメントも粋ですよね(笑)。

■「帰りたい」と思った瞬間、でも「帰らない」と決意した理由



――YouTubeにて「挫折を味わいに来た」イギリスで、「居場所を見つけた」とも語っていました。「居場所を見つけた」瞬間はどんな時だったのでしょうか?

寿:イギリスに対する「好き」が増えて行った時です。もちろん嫌いではなかったのですが、どこかで「日本の方が~」と思ってしまう自分がいました。そんな中、帰国まであと半年に迫った時に、唐突に「ブライトンに住もうかな」と思ったんです。ホストファミリーの家はすごく居心地が良かったのですが、「ずっとここにいなきゃいけないわけでもないしな」とふと思ってしまったんですよね。

それを友達に話したら「一度ブライトンに行ってみたら?」と言われて。それで行ってみたら、すごく楽しかったんです! 海が多く開けた感じや、LGBTQとしても自由度が高く、私に合っていると思いました。でも、ブライトンの何に惹かれたのかを考えた時に、街に住む人たちは「これが私のスタイルだから」という強さを持っていたんです。「ああ、私はこういう風に考えられるようになりたいんだ」って気付いた瞬間でした。そしてよく考えると、そこまで答えがわかっているのであれば、これは別にブライトンじゃなくても、ロンドンにいてもなれると思い直したんです。

――それが、ロンドンが寿さんの居場所だと思えたきっかけになったんですね。

寿:はい。また、ブライトンからヴィクトリア駅に帰った時に、アーチ状の鉄格子で作られた駅舎を見て「私ロンドンのこういうところが好きなんだよな」とロンドンの好きなところがブワーっと出て、「私はまだロンドンで頑張れる!」と思ったんです。

――まだ「好き」に気付かなかった頃、日本に帰りたくなったことはなかったですか?

寿:サードロックダウンの時は、正直とても辛くて「帰りたい」と思いました。でも、ある意味「帰りたい」ことに気付いたからこそ「本当に帰りたくなったら帰ろう」という選択肢が生まれて楽になったというか。実はその頃、授業も嫌になってしまって、途中で抜けてしまったこともありました。オンラインでしたが、いわゆる学校を途中でサボったということですよね(笑)。

――それが寿さんにとっての1つの挫折に?

寿:そうなりますね。こう話すとわがままに聞こえてしまうかもしれませんが、その時のクラスもあんまり好きじゃなかったので、違うクラスに入れてもらったんです。そしたらすごく楽しくなったので、その時に“逃げる”も1つの手段として大事だと思いました。ネガティブな気持ちになったからこそ、次の行動で楽しくなるかもしれないという選択肢があることを知れた出来事でした。

――クラスメイトの中には、コロナの影響で帰国を選んだ人もいたそうですね。帰る選択肢もあった中、寿さんをイギリスにとどめた一番の理由は?

寿:ビザの期限です(笑)。リミットがあったからこそ頑張れました。

――(笑)また、「帰って来い」という方もいたのではないでしょうか。

寿:家族です。すごく心配してくれていたので、そこでちょっとでも「帰りたい」なんて言ったら、絶対帰らされると思って言いませんでした。自分の中でも、一度帰ってしまったら、イギリスに戻れないんじゃないかという気がしていて。パンデミック下なので、もし一度帰国して、またイギリスに行くことになっても「行ってらっしゃい」と言ってくれる人は少なかったと思います。だから帰らなかったというのが、一番の理由でしたね。

→次のページ:寿美菜子がオススメするイギリスの演劇・場所・食べ物






■寿美菜子がオススメするイギリスの演劇・場所・食べ物



――辛いことを思い出させてしまいましたが、ここからはイギリスの楽しい思い出を聞かせてください。これからイギリスに旅行する方に向けて、「行った方が良い!」とオススメする場所は?

寿:一度YouTubeでも紹介した演劇「Back to the Future」は、映画を観たことのある方、観たことのない方でも確実に楽しめる作品なので、是非観に行ってほしいです。アデルフィシアターという劇場で公演されているのですが、その雰囲気もとってもステキで。私が最初に足を運んだのは「キンキー・ブーツ」を観に行った時でした。ちょっとおしゃれなイギリス演劇を公演する場所なので、その雰囲気を味わいに行くのも良いと思います。

――イギリスではたくさんの場所に行かれていました。オススメの名所はありますか?

寿:実は私にとって思い出深い場所は、名所よりも公園なんですよね。このインタビューが公開されるころには、「Photo book Calendar 2022”Cuppa”」が皆さんのお手元に届いていると思うのですが、実は表紙決めで私とスタッフの意見が割れたという裏話がありまして。結果、今のピカデリーサーカスで撮った写真になったのですが、私は公園で撮った写真を推していたんですよね。私の中ではイギリス=公園だったのですが、スタッフさんたちからは「ロンドンっぽさがない」「井の頭公園って言ってもわからない」という意見が出て、今の表紙となりました(笑)。

――では、寿さんのオススメの公園を教えてください。

寿:シャーロック・ホームズの舞台となっているベイカーストリートの近くにある、リージェンツ・パークです。公園の中にオープンエア・シアターという屋外の劇場があって、私はそこで『ロミオとジュリエット』を見ました。周りにはその季節のお花も咲いていて、薔薇に囲まれながら演劇を見ると言う贅沢な時間が味わえました。

――日本に来て欲しいと思った食べ物はありますか?

寿:日本にもあるのですが、イギリスで食べて美味しくて感動したのはラムチョップステーキ。日本にいる頃はラムが苦手で食べられなかったのですが、イギリスで食べたものは臭みがなく、とっても美味しくて、あの味を日本でも食べられるようになったらな~と思っています。イギリスに行かれたら、ラムが苦手な方には特に食べてみてほしいですね。

■「自分も他人も許せるように」イギリス生活での“変化”を実感



――隔離を終えて、さっそくスフィアのメンバーや友人との交流を楽しんでいるそうですね。皆さんとどんな再会をしたのか気になります。

寿:豊崎愛生ちゃんは、会って突然泣き出したので、本当にびっくりしました。「大人なのにごめんね~」(声マネをしながら)と言いながらボロボロ泣いてくれて、もらい泣きしそうになってしまいました。そこではなんとかグッと堪えたのですが、一番の親友に会った時はホッとして、少しホロリとしてしまった瞬間がありましたね。

――イギリスから帰って来て、「変わったね」または「変わらないね」と言われることはありましたか?

寿:スタッフさんから「どうやって体型をキープしたんですか!?」と言われて、すごく嬉しかったです。逆に日本に帰って来て美味しい物ばかり食べているので、これからもキープできるように頑張らなければと思いました(笑)。あとは、「雰囲気が柔らかくなったね」と言われましたね。

――以前は尖っていたのですか?

寿:基本、ピリピリしていました(笑)。良く言えば、自分にも他人にも厳しい人間だったんですよね。それによって進展したこともあるとは思いますが、その分、周囲の人たちは大変だったんじゃないかな…。自分がピリピリしている感覚は当時もわかっていたのですが、歯止めの利かせ方がわからなかったんです。イギリスに行ったことによって心にゆとりを持てるようになり、ピリピリするという手段ではなく、それよりも必要なことが何か見えるようになってきたというか。自分も他人も許せるようになったんだと思います。

――それは、渡英という経験が寿さんにもたらした大きな影響だったと思います。それ以外に、自分の中で「変わった」と感じることはありますか?

寿:イギリス滞在中、アフレコはいつも1人で録っていたので、久しぶりに人と掛け合いのお芝居をしたときに、みんな芝居が上手い!と思って。単純に「すごい」と思えたことも、私にとっては変化なんです。今までは「自分にはできない」とネガティブに捉えてしまっていたので、「すごい」「面白い」とワクワクに変換できているのは、自分にとっては大きな成長だなと感じていました。

■2021年を振り返っての“出来事ランキングTOP3”発表!



――昨年の年末に行ったインタビューでは、2020年の寿さん的“出来事ランキング”をお聞きしました。2021年はまた昨年とは違うランキングになると思うので、ぜひ今年の出来事TOP3も教えてください。

寿:イギリス、パリ、そして日本の3つがほぼ同率になってしまうのですが…。

――では、イギリスの理由から聞かせてください。

寿:イギリスにいなかったら繋がらなかったご縁がたくさんあったからですね。少し悲しい話になってしまうのですが、サンデーランチでずっと一緒にご飯を食べていたホストマザーのお母さまが、私が帰国してすぐに亡くなってしまったんです。彼女と一緒に過ごすことができて、改めて貴重な時間に感謝することとなりました。出会いと別れを経験する、本当に濃い1年半でした。

――1年半の中で、フランスは2週間滞在。その短い間でどんな思い出を作られたのでしょうか?

寿:刺激的なお仕事だったので、たった2週間の滞在でも印象に残る日々でした。すっごく大変でしたけど、「やって良かった!」と心から思います。あの日の運転手さんから言われた「いつ死ぬかわからないから、僕は毎日“愛してる”って言うんだ」という言葉がすごく胸に響いて、1日1日を大切に生きなければと改めて感じた瞬間でもありました。

――帰国したばかりの日本では、さっそくどんな印象的な出来事があったのでしょうか?

寿:私が1年半の間に色々あったということは、みんなも色々あったということなので(笑)。今、その話を聞くのがすごく楽しいです。まだすべてにワクワクしている時なので、その感覚を大切にしていきたいです。

――最後に、寿さんの帰りをずっと待っていたファンに向けて、メッセージをお願いします。

寿:このアニメ!アニメ!さんでの連載をはじめ、YouTubeチャンネルでイギリス生活をお届けしたりと、イギリスに行ったからこそ出来た企画がたくさんありました。すごく充実した1年半を過ごさせていただき、感謝しかないです。その中で、私のことを心配してくださる方もいて、複雑な心境な中、たくさんの思いを届けてくれてありがとうございます。無事に帰って来ることができたので、早く皆さんに会いたい。また一緒に楽しいことができることを願って…これからも応援よろしくお願いします!

――ありがとうございました!

【寿美菜子のイギリス生活記 バックナンバー】

第1回 【寿美菜子のイギリス生活に迫る! ロックダウン中の現地模様、渡英に至ったスフィアメンバーからの言葉とは】
第2回【寿美菜子のYouTube撮影秘話に迫る! 「スフィアの4 colors LABO」の今後の展開も?】
第3回【寿美菜子さんは学校では“優等生キャラ”? クラスでのエピソードやハマっているものを明かす】
第4回【寿美菜子の“心が動いた瞬間”は? 自ら撮った写真と振り返る!】
第5回【寿美菜子がイギリスで落ち込んだ時に「元気づけてくれた人」とは!?】
第6回【寿美菜子、イギリスの海で大はしゃぎ! 29歳の誕生日を海外で過ごす思いも告白】
第7回【寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…】
第8回【寿美菜子、イギリス2度目のロックダウンやスタジオ仕事の様子を語る】
第9回【寿美菜子の“2020年出来事ランキング”は? 3位スフィア全曲LIVE、2位渡英前、1位は…】
第10回【寿美菜子の音楽ルーツを探る! 作詞の原動力は「早見沙織ちゃん」の理由とは?】
第11回【寿美菜子にとってのバレンタインは「スフィア結成の日」 幼少期の甘酸っぱいエピソードも】
第12回【寿美菜子、渡英期間半年延長への想いとは「イギリスで悔いの残らないように生活できたら」】
第13回【寿美菜子、YouTubeチャンネル「マジ寿!」1周年に感謝! スフィアのお気に入り動画も紹介】
第14回【寿美菜子、「スフィアの4colors LABO」1周年記念生配信を振り返る!イギリスでも感じた“ファンとの一体感”】
第15回【寿美菜子、イギリスで劇場版「鬼滅の刃」鑑賞! 10年来の“憧れの声優”も明らかに】
第16回【寿美菜子、ウィンブルドンテニスで感じた“スポーツの楽しみ方”】
第17回【寿美菜子、イギリスのホリデー満喫中!映画「けいおん!」の舞台となった場所も】
第18回【寿美菜子、30歳の抱負は「挑戦をやめないこと」―スフィア初バーチャルライブも振り返る】
第19回【寿美菜子、イギリス生活ラストスパート!帰国までにやり残したことは…】
第20回【寿美菜子、イギリスで印象的な“別れ”を経験 1年半のイギリス生活で得たものとは】
寿美菜子 プロフィール
『TIGER & BUNNY』カリーナ・ライル/ ブルーローズ役
事務所の同期である、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生とのユニット「スフィア」のメンバー。

TOPICS

ランキング

ジャンル