top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『あゝ、荒野』で国内映画賞を総なめにした岸善幸監督が罪を犯した「前科者」が更生していく姿を描く、希望と再生の物語『前科者』より有村架純×森田剛×監督SPトーク&場面写真解禁!

cinefil

「ビッグコミックオリジナル」(小学館)にて2018年1月から連載が始まった原作・香川まさひと、作画・月島冬二による漫画「前科者」が、岸善幸監督により実写映像化され、現在WOWOWにて連続ドラマが放送・配信中であり、さらに日活・WOWOWの共同配給で2022年1月28日(金)に映画『前科者』が公開します。

© 2021香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

原作は、テレビドラマ「監察医 朝顔」の原作や『羊の木』(18)といった映画の脚本も手掛ける香川まさひとが、罪を犯した「前科者」たちの更生・社会復帰を目指し、彼・彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描いた社会派ヒューマンドラマ。監督は、2017年に公開された『あゝ、荒野』の岸善幸。
主演を務めるのは、大ヒット映画『花束みたいな恋をした』(21)での好演が記憶に新しい有村架純。有村が演じる主人公・阿川佳代は、罪を犯した「前科者」たちの更生・社会復帰を目指し、彼らと向き合い奮闘していく保護司。共演には、阿川の元で更生し社会復帰へ近づいていたが、ある日忽然と姿を消し再び警察に追われる身となる男・工藤誠に6年ぶりの映画出演となる森田剛。さらに磯村勇斗やリリー・フランキー、木村多江、若葉竜也、マキタスポーツのほか、ドラマ版からの続投となる石橋静河、北村有起哉、宇野祥平を加え、様々な作品で存在感を放つ個性派、演技派俳優たちが集結した。

© 2021香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

この度、主演の有村架純、森田剛、岸善幸監督のスペシャル対談が実現!
映画コメンテーターのLiLiCoが三人の本音を引き出します!

「生き方や考え方を変えてくれる映画が好きで『前科者』から体のすべてのパーツで何かを感じた」というLiLiCo。映画の中での森田の変わり様にとても驚いたLiLiCoが「今日のエロフェロモンを(撮影現場では)どこに置いたんですか?」と森田に思わず吐露する場面もあったが、本作の撮影現場を振り返りながら、観客に観てほしいポイントを語らう優しい雰囲気の中でのトークとなった。

広告の後にも続きます

Q:完成した映画を観て

有村:脚本を読んだ時の方がすごく苦しかったです。演じている時も(森田演じる)工藤誠のことを思って、ひたむきに泣いたり笑ったり怒ったり、人のために自分の心が動かされていく日々でしたが、完成した映画を観た時に希望を感じる作品になっていて、びっくりしました。
森田:涙が出ました。悲しいという気持ちよりも浄化される涙で、観終わった後、すっきりしました。
岸:保護司って元受刑者を更生させる、つまりやり直しをさせる役割があるんですが、人間としてやり直すということは一体どういうことなんだろうと。『前科者』を観ると分かるんじゃないかと。

Q:初共演の印象

有村:初めて(森田の)目を見た時に「なんて優しい目をしているんだろう」と思って。それだけでいい人なんだろうなって、全部分かっちゃうくらい。
森田:公園のシーンで、カメラチェンジの時に僕はその場から動きたくなかったんです。先生(=有村)を見たら、先生も動かないで(一緒に)ずっといてくれて、嬉しくなっちゃったんですよね(一同笑)

Q:描こうとしたこと

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル