top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“現代っぽさが出ないよう”細部まで完全再現!オリジナルのレジェンドスタッフ再集結で復活した『サンダーバード55/GOGO』撮影秘話に迫る!

ガジェット通信

奇跡の完全新作として帰ってくる、日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』(2022年1月7日より劇場上映、2022年1月8日よりオンライン上映)の公開を前に、オリジナルスタッフも集い細部まで再現を可能にした、その制作エピソードに迫ります!

1965年にイギリスで放送開始された国際救助隊の活躍を描くマリオネット・エンターテインメント『サンダーバード』は、独自の撮影技法を確立した特撮人形劇の最高傑作として名高いシリーズであり、その後多くの作品に影響を与え半世紀たった今も世代を超えて愛され続けています。

なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から、今日では『シン・ウルトラマン』監督の樋口真嗣氏や『シン・仮面ライダー』監督の庵野秀明氏がファンであることを公言するなど、数々の日本特撮、ロボット・SFアニメ作品にも多大なる影響を与え、世界でも、『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』『007』など錚々たる作品に影響を与えた伝説的作品として知られています。その伝説が、当時の技術を再現した奇跡の完全新作として帰ってくる!

完全新作となって復活を遂げた日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』の撮影技法を徹底解剖! 細部まで当時のままにこだわり抜き、往年のスタッフたちも集結したファン必見の新作撮影秘話に迫ります!

現在の技術に頼らず限りなく当時のもので!撮影工程までも忠実に再現!

3つのエピソードを新たに映像化するにあたり、イギリスのスラウにある、かつて『サンダーバード』オリジナル版の制作でも使われた建物を使用して撮影が行われました(現在は取り壊され更地となっています)。

広告の後にも続きます

マリオネットに関しては当時と同じく人毛を使用し、奥行き感のある義眼を用いて再現。救助メカに関しては設計図は残っていなかったものの、当時存在していた特定モデルの映像や写真資料などを洗いざらい調べ複数のサイズを制作し当時とほぼ同じにしかみえない完成度を追求しています。

また、オリジナル版でもバンクシーンとして流用されていたサンダーバード1号や2号の出撃シーンは、再撮影することなく当時のフィルムを使用するなど、撮影工程のありとあらゆる部分を継承し、ファン目線としても納得の新作を実現することに成功したのです!

スタッフたちのこだわりはそれだけでは留まらず、劇中で使われている細かいパーツなどもオークションサイトなどを利用して集められ、中でもジェフ・トレーシーの机の横に貼られた写楽の絵は、オリジナル版の美術担当者が参考にした書籍をもとに、”イギリス人が模写した日本の絵”を再現!

一方、爆破させるミニチュアや新規のセットなどは、現在の技術であればより精密でクオリティの高いものを作り上げられるところを、ラリビエー氏曰く「うまく作り過ぎないように注意する必要がある」ということを念頭に置き、あえて当時と同じような素材で統一しています。

新作でありながら現代っぽさが出ないよう完全再現するため、細部にまで行き届いたシーンをぜひ劇場でチェックしてください!

往年の『サンダーバード』スタッフが再集結!奇跡の新作はこうして作られた!

本作の撮影には往年の『サンダーバード』レジェンドスタッフ達が全面協力! 『サンダーバード』をはじめとしたスーパーマリオネーション作品に携わっていたオリジナルスタッフのメアリー・ターナー氏に撮影へ参加してもらい、パペティアン(操演師)たちに向けて操演技術のアドバイスを行ってもらいました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル