top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「あなた達が不倫をしたから私達の家族がメチャクチャに!」

幻冬舎ゴールドライフオンライン

本記事は川井れもん氏の書籍『娘からの相続および愛人と息子の相続の結末』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部抜粋・再編集したものです。

第7章 愛人宅訪問

「江藤さん、どうしてあなたの夫で私の実の父親であった江藤光夫が死亡した時に、私達には連絡してもらえなかったのですか? そのせいで、親の死体を供養することができなかったのですよ」

それを聞いた愛人は、口調を強めてこう言った。

「死んだ夫は、生前に何回も念押しをして私に懇願しました。『再婚前の最初に結婚した時の家族には、絶対に俺が死亡した事を連絡しないでくれ』と。

だってそうでしょう。離婚調停をするからといって自分に内緒で家族全員がアパートから引っ越しされてみなさい。夫は、どれだけ心の中を傷つけられた事でしょう。そんな仕打ちをしておいて、死亡した時だけ供養しにくるのは、夫に対する冒涜(ぼうとく)と考えられてもおかしくないです」

広告の後にも続きます

愛人の返答を聞いて、雄二はさらに強い口調で返答した。

「あなた、何をおかしなこと言っているのですか。あなた達が不倫をしたから私達の家族がメチャクチャになったのですよ。あなた達のした行動が私達の家族を破滅させた真実を認めないのに、死亡した時だけ供養するのは元父親に対する冒涜と考えるなんて、常識的考えを逸脱しているとしか思えない」

「認めているじゃないですか。夫が生前に元妻のひろみさんに対して、裁判所で決定された慰謝料を全額支払っています。償いは済んでいる。だから、堂々と夫の気持ちを私が代弁しているわけです」

「あなたが元父親を愛していたのは分かりました。しかし、不倫した相手から慰謝料を全額支払ってもらっても、された元妻および元子供には精神的苦痛がトラウマとなって死ぬまで残るのです。お金だけでは絶対に償うことができません。あなたはそんな常識を体験していないから、さっきみたいな自分に都合が良いことを言えるのです」

愛人はそれを聞いて、強い口調で返答してきた。

「私はあなたより長く生きてきて、あなたより苦しい体験もいっぱいしてきている。それなのに若いあなたの方が、年上の私より精神的苦痛を多く体験していて常識的な考えを理解しているように言われるのは心外だ。逆に、あなたが私に申し訳ないと謝りなさい」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル