top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

塩田明彦監督の名を世界に知らしめた初期の傑作二作品『月光の囁き』『害虫』が最新作『麻希のいる世界』の公開にあわせてリバイバル特別上映決定!

cinefil

2022年1月29日(土)より渋谷ユーロスペース、新宿武蔵野館ほかにて公開の映画『麻希のいる世界』に関連して、塩田明彦監督の過去作品である『害虫』と『月光の囁き』の特別上映が決定致しました

『麻希のいる世界』は、新谷ゆづみと日高麻鈴のダブル主演、共演に窪塚愛流と井浦新を迎えた、塩田明彦監督(『害虫』『さよならくちびる』)の長編最新作。塩田監督作品には3回目の劇中歌提供となる向井秀徳の参加も話題の注目作です。物語は、重い持病を抱え生きる希望が持てない高校2年生の由希(新谷)が、破局的な性格だが美しい歌声を持つ同級生の麻希(日高)に魅かれ、麻希とのバンド活動を通して生きる意味を問い直していく、というもの。

今回、公開を記念して塩田監督の過去作品2本をDCPでリバイバル上映することが決定致しました。上映されるのは『月光の囁き』と『害虫』の二作品です。

塩田監督のフィルモグラフィーから、あえてこの二作品が選ばれたのは、まず、それぞれが塩田監督の代表作で人気作品ということが挙げられます。また一方で、両作品とも「青春映画のお約束をことごとく破りながら純愛を描いている」という点で、最新作とも響き合う塩田監督作品のエッセンスを体現できる作品でもあります。偶然にも『害虫』は2022年が初公開から丸20周年という記念の年となります。

■『月光の囁き』

1999年ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭(改称後:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭)審査員特別賞&批評家賞受賞
1999年ロカルノ国際映画祭コンペティション部門オープニング作品
1999年トロント国際映画祭正式出品作品

広告の後にも続きます

(c)2002 日活・TBS・ソニーPCL

“自由で純粋。究極の愛の形を探し求める青春映画”

高校三年生の夏。好意を寄せあいつつ剣道部の仲の良い友人としてふるまい続けてきた北原紗月と日高拓也は、ようやく想いを通いあわせた。自転車二人乗りでの登校、図書室でのデートと夢見ていた通りの交際に、はしゃぐ紗月。一方、拓也はそうした普通の恋愛では満たされない想いを、秘かに紗月の身の周りの物を集めて慰めていた。
そんな拓也の行動を知った紗月は戸惑いながらも、強く反発し始める。しかし、嫌えば嫌うほど、いじめればいじめるほど、マゾヒストの拓也はひたむきに紗月への想いをつのらせてゆく。いつしか、拓也の歪んではいるが純粋な愛に無意識に影響され、普通の恋愛を夢見ていた紗月までもが拓也をいたぶることに快感を覚えだしてゆく。不器用に傷つけ合う二人の愛は、すれ違いゆがみながらも純粋さを増して突き進む。

(c)2002 日活・TBS・ソニーPCL

塩田明彦監督の劇場映画監督デビュー作にして、ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭(改称後:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭)審査員特別賞と批評家賞をダブル受賞するなど、その名を世界に知らしめた作品。青春映画のお約束をことごとくすり抜けながら純愛を描くという点で、すでに最新作につながる塩田監督の資質が現れている。主題歌を提供したスピッツの、爽やかでありながらも様々な解釈が可能な歌詞は、歪みながらも純粋な愛の物語を切なく包みこんでいる。

塩田明彦監督の劇場映画監督デビュー作『月光の囁き』予告編

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル