top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

急激に陣痛が…「間に合いませんでした」先生が駆け付けて衝撃

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、小児科医である河原風子氏の書籍『腐ったみかんが医者になった日』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【関連記事】「病院に行って!」背中の激痛と大量の汗…驚愕の診断結果は

夢への一歩

長女を出産して3年後、次女を出産した。次女の妊娠中も、暇が嫌いな私は、次は何の資格を取ろうか、と悩んでいた。今後は人生にプラスになるような資格がいいな。

2人目の出産も前回お世話になったマロン先生にお願いすることにした。彼女と会うたび、やっぱり医者になりたい、という気持ちが抑えられなくなっていった。当時の私は23歳。まだ若いし、やってみようかな。昔主治医だった小児科の神代先生も、私ならやれるって言ってくれてたしな。

行動力はある方だった。後先考えないところは昔も今も変わらない。普通の人なら、医学部はお金がかかるし、受からないかもしれないし、といろいろ考えすぎて、受けることをあきらめるのだろうが、私は違った。落ちるかもなんて、そんなのやってみないとわからないし、本気で頑張れば受かるんじゃないかな、なんて思っていた。「根拠のない自信」がなぜかあった。

広告の後にも続きます

とりあえず近くにある医大の赤本(過去問や大学の概要が書いてある)を買ってみた。

「んー。全くわからん」

解説を見てもその漢字も読めないし、中学校の授業もまじめに受けていないやつが解き方なんてわかるはずもない。ただ受験資格や試験方法なんかは参考になった。私は漠然とした目標をたてた。社会と理科と国語は高校範囲からやろう。数学と英語は高校からだと厳しいな。授業覚えてないもんな。とりあえず数学から始めるか。

私は公文式の通信教育で中学の範囲の数学から始めた。朝はコンビニでバイト、昼から勉強、夜は子育て。勉強を始めてみたのはいいが、妊娠中はとにかく眠い。そして机に座る習慣がないので、落ち着かない。

まずは机に座る練習からした。1日2時間は座る。そのうち座れるようにはなったが、問題を広げても別のことを考えたり、居眠りしたり。集中力がまるでない。

ある日、バイトに行く前に不正出血に気づいた。病院を受診したところ、切迫早産だったようでそのまま入院になった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル