top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

“10月カムバック”「iKON」、新曲タイトルは「別れの道(GOODBYE ROAD)」

ワウコリア


10月カムバックを宣言したアイドルグループ「iKON」のミニアルバムタイトル曲がついにベールを脱いだ。

YGエンターテインメントはきょう(18日)午後1時、公式ブログを通じて「iKON」の入ミニアルバム「NEW KIDS : THE FINAL」のタイトル曲「別れの道(GOODBYE ROAD)」ティザーを公開した。

「別れの道(GOODBYE ROAD)」は昨年末にミュージックビデオ(MV)まで撮影を終えて、今年初めに発表された「iKON」最大のヒット曲「LOVE SCENARIO」と最後までタイトル曲として争っていた曲だ。作詞は「iKON」のリーダ0B.I、BOBBYが担当し、作曲はB.IとYGプロデュースチームFUTURE BOUNCE、Bekuh BOOMが意気投合した。

YGのヤン・ヒョンソク代表は2曲をめぐり悩んだ末に、「LOVE SCENARIO」を今年1月にまず発表した。「別れの道(GOODBYE ROAD)」は秋の季節感を感じるのに最適な曲だと判断し、公開時期を置いて1年近く待って来た。

2017年9月にヤン代表は自身のSNSにメンバーJU-NEが登場する「別れの道(GOODBYE ROAD)」MV撮影シーンをサプライズで公開していた。ハッシュタグに「B.Iの驚くべき反転と発展の初作品」、「趣向狙撃&感性狙撃」と明かし、ファンの爆発的な期待を集めていた曲だ。

ヤン・ヒョンソク代表は「別れの道(GOODBYE ROAD)」について「個人的に一番好きだった曲だ。別れを描いた叙情的な美しい歌詞とメロディが圧巻の曲で、スローな曲だが、iKONの振付けも期待しても良い」とし「『LOVE SCENARIO』と共に最後までタイトル曲選定のため、長く悩んでいた曲であるだけについにファンに公開することができることになり楽しみだ」と伝えた。

去る8月に発表した「KILLING ME」は「iKON」の忙しい海外スケジュールで放送活動をほとんどできなかったが、「別れの道(GOODBYE ROAD)」は放送活動を通じて、「iKON」のシンドロームを続けていく予定だ。特に1年間、精魂込めた「別れの道(GOODBYE ROAD)」MVは完ぺきなクオリティのため、最近振付けを追加して再撮影を強行したという。

TOPICS

ランキング

ジャンル