top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2人の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方は…「君の名前で僕を呼んで」(2018)

エンタメウィーク(映画)

2人の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方は…「君の名前で僕を呼んで」(2018)

解説

1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。アンドレ・アシマンの同名小説を原作に「日の名残り」「眺めのいい部屋」の名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆、「胸騒ぎのシチリア」などで知られるルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとった。第90回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、アイボリーが脚色賞を受賞した。「インターステラー」「レディ・バード」のティモシー・シャラメと「コードネーム U.N.C.L.E.」「ソーシャル・ネットワーク」のアーミー・ハマーが主人公カップル役で共演。83年、夏。家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていく。ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてきて……。
(提供元:映画.com)

「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

物語の舞台は北イタリア。爽やかな太陽が輝く夏に出会った、エリオとオリヴァー2人の恋模様を描いた作品。

エリオを『インターステラー』『DUNE 砂の惑星』の「今、世界で最も美しい」と称される、ティモシー・シャラメが演じ、オリバーを『コードネーム U.N.C.L.E』などで知られる、アーミー・ハマーが演じる。

この2人が中心となって映画が進行していくのですが、スクリーンに映し出される2人の姿は非常に官能的でうっとりします。2人のルックスが要因でもありますが、劇中に漂う芸術的な雰囲気がそれを助長させます。

それぞれが美術、音楽に造詣を持っていて、互いに知的な雰囲気を感じ取り、惹かれ合うのですが、単純な性欲や恋愛ではない、高尚で潔白な愛がとても眩しくて、まさしく芸術作品のようなのです。

また、西洋美術にはメタファーがつきものですが、今作においても、数多に張り巡らされたメタファーがあって、ストーリーや心理描写に奥行を出しているのも、今作が魅力的に感じる要因のひとつですね。

アカデミー作品賞などにノミネートされた、淡く、熱く、美しい今作。2人のひと夏の想いを感じながら、うっとりと陶酔できる名作です。


「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル