top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

MI6の女性スパイが夜叉のごとく敵をなぎ倒していくアクション映画「アトミック・ブロンド」(2017)

エンタメウィーク(映画)

MI6の女性スパイが夜叉のごとく敵をなぎ倒していくアクション映画「アトミック・ブロンド」(2017)

解説

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「ワイルド・スピード ICE BREAK」など近年はアクション映画でも活躍の幅を広げているシャーリーズ・セロンが、MI6の女スパイを演じた主演作。アントニー・ジョンソンによる人気グラフィックノベルを映画化したアクションスリラーで、「ジョン・ウィック」シリーズのプロデューサーや「デッドプール」続編の監督も務めるデビッド・リーチがメガホンをとった。冷戦末期、ベルリンの壁崩壊直前の1989年。西側に極秘情報を流そうとしていたMI6の捜査官が殺され、最高機密の極秘リストが紛失してしまう。リストの奪還と、裏切り者の二重スパイを見つけ出すよう命じられたMI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、各国のスパイを相手にリストをめぐる争奪戦を繰り広げる。共演に「X-MEN」「ウォンテッド」のジェームズ・マカボイ、「キングスマン」「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」のソフィア・ブテラ。
(提供元:映画.com)

「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

1989年、ベルリンの壁崩壊。冷戦の終結を象徴する歴史的大事件の裏で、これから訪れる新時代の覇権争いのために暗躍するスパイ達を描いた今作。主人公、MI6の女性スパイ、ローレン・ブロートンを演じるのは『マッド・マックス/怒りのデス・ロード』でフュリオサを演じたシャーリーズ・セロン、全編通じて彼女の存在感が半端じゃないんです!

ただ歩いていても、タバコを吸っていても、お風呂に入っているだけでも絵になりますが、なんといってもこの映画の見どころでもある、アクションシーンは圧倒的! 彼女が迫り来る男たちを薙ぎ倒していく姿はまるで夜叉の様で、目が釘付けになります。

そんな臨場感あるアクションを撮影したのは『ジョン・ウィック』『ワイルド・スピード』などで知られるデヴィット・リーチ。当時流行したパンクミュージックを中心とした音楽とビビットな映像美の中で戦う彼の演出はセンス抜群!シャーリーズの魅力をこれでもかと引き出しています!

また、アクションだけでなく脚本も抜群で、スパイ映画らしく登場人物それぞれの思惑が錯綜する複雑なつくりになっていますが、結末には思わず唸ってしまう、よく出来たストーリーになっています。

新時代への胎動を続けるベルリンで「誰も信用出来ない」スパイたちの騙し合いと圧巻のアクションを堪能できる、超大作です!


「5Gギガホプレミア」なら、「データ量無制限」!

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル