top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐藤浩市、“指揮者” の演技に一苦労「みんな不安そうに俺を見てくる」

SmartFLASH

 

 12月23日、映画『20歳のソウル』の舞台挨拶が都内でおこなわれ、俳優の佐藤浩市らが出席した。

 

 同作は、千葉県船橋市立船橋高校に受け継がれる応援曲「市船 soul」にまつわる物語。主人公は、同校の吹奏楽部で「市船 soul」を生み出し、20歳の若さで夭折した実在の青年だ。佐藤は、主人公に大きな影響を与える吹奏楽部の顧問・高橋健一氏を演じている。

 

広告の後にも続きます

 

 実は、高橋氏は、いまなお同部の顧問を務めている。佐藤は「僕も役者だし、実在する人物を演じたことは何度もあるんですけど、演じる人(高橋氏)がほぼ毎日撮影現場にいらして。こんなにやりにくいことはない」と笑う。

 

 吹奏楽部の顧問という役柄のため、指揮の練習を積み重ねただけに、「なんで僕がここ(指揮台)にいないんだろう。どうして指揮棒がないんだろう、と不思議な感じがします」と笑う。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル