top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

FUJI TEXTILE WEEK2021―織りと気配― アート展「Textile&Art展」

cinefil

富士山麓の織物産地である山梨県富士吉田市を舞台に、テキスタイルを活用した機屋展示・アート展のハイブリッド展「FUJI TEXTILE WEEK 2021(フジ テキスタイル ウィーク)」が開催中です(機屋展示は12月12日に終了)。

富士吉田市は、緑豊かな景観と富士山から流れ落ちる清涼な渓流の水の恵みによって、1000年以上続く織物の町として栄えてきました。しかし、近代化の流れとともに、日本のテキスタイルをとりまく産業は海外の産業スケールに押され、最盛期に6000軒以上あった機屋は現在200軒程に減っています。
そんななか、富士吉田市のテキスタイル産業シーンにはここ10年で多様な変化が起きています。地方創生への眼差しが増え、産業の再生を図るプロジェクトも立ち上がり、若い世代のクリエイターが移住してきました。そして地域と産業の再生と活性化の試みの成果として「FUJI TEXTILE WEEK 2021」が始まりました。

「織りと気配」を共通のテーマとして、アート展「Textile&Art展」と機屋展示「WARP&WEFT」で構成されており、中心市街地の空き店舗や蔵、旧銀行の建物などを舞台にした10組のアーティストによるアート作品展示と16の機屋による機屋展示が展開されています。

会場外観:製氷工場をギャラリーにリノベーションした「FUJIHIMURO」 左:会場入口 右:建物外観
photo©️saitomoichi

製氷工場をギャラリーにリノベーションした「FUJIHIMURO」では、4部屋に別れて今井俊介、児玉麻緒、高須賀活良、maison2,3(メゾン トゥ コンマ スリー)の作品が展示されています。

広告の後にも続きます

今井は機屋と共同で作品のイメージを模索する新たなコミュニケーションを展開しています。リアルなテキスタイルとその一部を絵画にすることで、テキスタイルと絵画の関係性を構築しています。

展示風景:テキスタイルの一部の絵画 今井俊介《Untitled》
photo©️saitomoichi

展示風景:実物のテキスタイル 今井俊介《Untitled》
photo©️saitomoichi

児玉麻緒は絵画と織物の共通点に関心を寄せ、富士吉田で地域と深く関りながら織物業を営む宮下織物、舟久保織物と共に自身の作品を素材とした新しい光の布の制作に臨みました。

展示風景 児玉麻緒《在る織る》
photo©️saitomoichi

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル