top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐津川愛美主演、榊英雄監督 愛を求めながら壊れていく家族の、愛と再生の物語『蜜月』より家族愛という暴力性に踏み込んだ予告映像が解禁!

cinefil

©2022「蜜月」製作委員会

④満開の桜の下、退院した母五十鈴を伴って歩く美月。五十鈴、杖を突き、青白く険しい顔。美月の腕を振り払う。など5点。

©2022「蜜月」製作委員会

瑞々しい顔ぶれとベテラン俳優、それぞれの役が抱える魂をぶつけ合い、ドラマに幾重にも重なる波紋を広げていく。
現代家族が抱える闇をえぐる、重厚な人間ドラマであり、極上の社会派エンターテインメント。
加納家に隠された、切なすぎる真実に日本中が涙する、愛と再生の物語。

更に、脚本の港岳彦、音楽の和(IZUMI)、撮影の早坂伸より、本作への思いをこめたコメントが到着しました。

広告の後にも続きます

コメント

●脚本 港岳彦
「蜜月」は、正しくあろうと願いながらあやまちを犯してしまう人びと、つまり加害者たちの物語です。
罪を犯すのは(この劇の作者を含め)いつだって男。
それなのに佐津川愛美さんが身代わりとなって、重い十字架を背負います。
ラスト10分、キリストを殺したものの気持ちを味わいながら、佐津川さんの演技にただ泣きました。

●音楽 和(IZUMI)
わたしは美月が嫌いだった。思いのままに、周りの人を虜にしていく美月。こんな女がいるから、他の女が迷惑する。全く知らない人の SNS に、匿名で罵倒 する人間みたいな心理状態になった。思考じゃなくて感覚で生きている羨ましさ。深層心理にある寂しさを鷲掴みして、その手で誰かを抱きしめていく。あなたはどうなの?迫ってくる問いかけの波に飲まれそうになりながら、いつのまにか美月のことが忘れられなくなっていた。そんな彼女のストーリーに併走する音楽は、彼女の中に流れてるであろう、ひたすら無機質な音を追いかけてみた。そして本当の愛を受け入れた時に、彼女の音は変わるのではないか。あなたの中にいる「美月」と、この映画でどんな風に出会うのか、楽しみにして います

●撮影 早坂伸
この作品の撮影はシンプルさを心がけました。
余計なカメラワークを一切廃し、フィックスメインで佐津川愛美さんをはじめ、演者の芝居に没頭させることを主眼にしました。狂気シーンの長回しは、自分が今まで撮影してきたなかでも最も震え立ちました。
港岳彦氏の脚本世界とそれを見事に体現している役者さんたち。
撮影者としてはこの上ない至福の時間でした

闇に包まれた過去、母の笑顔の、父の沈黙の、美月の衝動の心の奥にあるものは?

予告映像は、登場人物の葛藤を感じさせる音楽に彼らを優しく包みこむスタイリッシュな映像美
のどかな田舎にある、陶芸家の美月の夫・哲郎(永瀬正敏)の工房にいる32歳の美月(佐津川愛美)、そこに母の死を告げに来る義弟・伊織(濱田龍臣)、ここから場面は、美月が高校生の頃、義父・(板尾創路)と義弟と暮らし始めた頃に戻り、一見、普通の家族の食事シーンに、安堵を感じる。
その後、美月と夫の様子を見る母・美鈴(筒井真理子)のただならぬ視線が、何かが起きていること物語り始め、観る者は胸騒ぎを感じる。そこに義弟の恋人・香澄(森田想)も加わり、スクリーンいっぱいに映し出される一人一人の顔に、不穏な台詞を想像する。「一緒に逃げよう」と言う美月は、誰と何から逃げたいのか?この家族の笑顔が真実なのか?苦悩の表情が真実なのか?
血のつながらない家族のめくるめく人生の物語を感じられる映像となった。
そして、予告最後の包み込むようなあたたかさにあふれた哲郎の台詞「帰ろう」この一言に、か細い希望を感じる。
キャッチコピー「きみの心をひとりぼっちにしておけない」は、永瀬正敏演じる夫・哲郎から美月にかけられた言葉であり、台本にはない。撮影中、ふと永瀬が心に浮かんだ言葉を、監督に話したことからうまれた台詞であり、観客の心に、深く響いてくる。
劇伴の和(IZUMI)は、この心に残る予告映像を音楽で演出し、榊組の名カメラマン早坂伸の映し出すフランス映画を彷彿とさせる端正な映像美に酔う。

映画『蜜月』予告編

【ストーリー】
山奥の古民家。優しい陶芸家の夫と穏やかに暮らす美月32歳。弟が15年ぶりに現れ、母の死を告げる。封印していた家族の過去があふれ出す。愛する夫との暮らしを守るために美月は過去の黒歴史と対決する――
母親は、ある“事件”がきっかけで離婚し心にトラウマを抱える。美月は子どもながらに不安定な母を支え、母子で必死に生きてきた。母が新たな伴侶を得て、四人家族となったとき、美月は、やっと温かな居場所ができることを期待した、美しい17歳に成長していた。
だが、その『女という性』に対し、母はかつての事件のトラウマから、嫌悪・嫉妬し、激しく抑圧する。
美月は母への反抗心から、義父に接近する。ささやかな反抗心だったが、次第に深みにはまっていく。再び“事件”が起こり、家族が崩壊していく・・・
15年ぶりに故郷の実家へ戻る美月。義弟から15年間にわたる過酷な義母の介護も知らされ、その代償の重さに押しつぶされそうになる。目を背けてはいけない。夫に封印した「秘密」を告白する。その切なすぎる真実に涙する―――

監督:榊英雄 
脚本:港岳彦 

出演:
佐津川愛美
筒井真理子  板尾創路  濱田龍臣  森田 想  永瀬正敏

製作:「蜜月」製作委員会(メ~テレ、UNITED PRODUCTIONS、アークエンタテインメント、ファミリーツリー) 

配給:アークエンタテインメント  
©2022「蜜月」製作委員会

2022年/日本/カラー/アメリカンビスタ/5.1ch/130分/R15+
TWITTER:mitsugetsumovie インスタグラム:mitsugetsu_movie

2022年3月25日(金)、テアトル新宿ほか全国ロードショー

映画『蜜月』公式サイト

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル