top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京国際映画祭コンペティション部門観客賞!池松壮亮×伊藤沙莉W主演!松居大悟監督が描くオリジナルラブストーリー『ちょっと思い出しただけ』予告、場面写真など一挙公開!

cinefil

『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画をつくったら〜』や『くれなずめ』と2021年も注目作が続いている松居大悟監督が、主演に池松壮亮と伊藤沙莉を迎えて描くオリジナルラブストーリー『ちょっと思い出しただけ』が2022年2月11日(金・祝)に公開いたします。本作は2021年10月30日(土)より10日間に渡って開催された第34回東京国際映画祭でコンペティション部門に選出され、観客賞とスペシャルメンションを受賞しました。

別れてしまった男と女が、最愛だった時間を遡る。
そして、もう一度・・・
コロナ禍という時代性を纏った
新しい形のちょっぴりビターなオリジナルラブストーリー

本作は、ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観が自身のオールタイムベストに挙げるジム・ジャームッシュ監督の映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』に着想を得て書き上げた新曲「ナイトオンザプラネット」をもとに松居監督が書き上げたオリジナル作品で、初の完全オリジナルラブストーリーとなる。
怪我でダンサーの道を諦めた照生(てるお)とタクシードライバーの葉(よう)。2人を中心に関わる登場人物たちとの会話を通じて、都会の夜に無数に輝く人生たちの機微を繊細かつユーモラスに映し出した。年に一度訪れるある1日だけ遡り、現代を反映させつつ描いた松居監督独自の物語だ。

©2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会

チラシビジュアル8種類と予告映像、そして複数の場面写真到着!

8種類に及ぶチラシビジュアルでは、こっそりタクシーを使ってドライブデートを楽しむ二人、小さな鉢植えを手にふざけ合いながらデートに向かう二人、手をつないでアパート前の階段を駆け下りる幸せそうな二人、水族館で秘密の時間を過ごす二人といった、照生てるお(池松壮亮)と葉(伊藤沙莉)の何でも無い一日が切り取られている。
そのどれもが笑顔に溢れ、幸せな日々を感じさせるものでありながら、どこかに“二度と戻れない”と思わせる儚さと切なさが溢れ、胸を締め付けられると共に、二人の物語に強く惹きつけられるエモーショナルなデザインに。いい日もあれば、そうでない日があって、ドラマチックな日もあれば、何でも無い日もある。決して同じ日なんてない、二人の6年間に思いを馳せるチラシビジュアルが登場した。種類別のチラシ8種は公開劇場でランダムに設置される予定。

広告の後にも続きます

©2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会

さらに、場面写真では、池松、伊藤のほかに、ジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』、『パターソン』に出演している永瀬正敏、バー「とまり木」のマスター役を演じる國村隼、「とまり木」の常連客フミオ役の成田凌、照生(てるお)のダンス仲間である泉美役を演じた河合優実、そして、ミュージシャンの男役として出演も果たした尾崎世界観などの姿が解禁となった。

©2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会

©2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会

©2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル