top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カレー唐揚げで魚嫌い克服!下味冷凍で簡単15分レシピ

たべぷろ

仙台市在住の料理家sato aiです。今回は、お肉は好きだが、臭いや骨が気になる魚は嫌い!という魚嫌いのお子様のための苦手克服メニューのご紹介です。
15分で完成するぶりのカレー唐揚げは、独特の臭みのある青魚も、下味をつけることで美味しく食べることができますよ。平日の夜ごはん作りにも活躍する、簡単便利な下味冷凍の方法も合わせてご紹介いたします。

ぶりのジューシーカレー唐揚げ

臭みのないジューシーなぶりの旨味が、口の中に広がります。

【材料】(4人前)
ぶり 4切れ
片栗粉 大さじ2
米粉(薄力粉) 大さじ2
サラダ油 適量

<下味>
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
塩 少々
にんにく 1片
生姜 1片
カレー粉 小さじ1

【作り方】
1.ぶりは中骨のある部分を包丁で取り除く。

広告の後にも続きます

2.食べやすい大きさにカットして、下味の調味料を入れて味付けをする。
※にんにくと生姜はすりおろしてから入れる。

3.10分ほど味をなじませたら、片栗粉と米粉を入れた袋に、汁気を切ったぶりを入れる。袋に空気を入れて、振るようにしながら衣をつける。

4.温めたフライパンに少し多めのサラダ油を入れて、衣をつけたぶりを入れる。きつね色になるまで焼いたら、揚げ網に取り出して余分な油を切る。

臭みを和らげ青魚が好きになる!

栄養満点の青魚は、子供達にもたくさん食べてもらいたいですが、鮮度が落ちやすく、臭みが出やすいのが難点ですね。この青魚の臭みは、魚嫌いになる原因のひとつとも言われています。

今回ご紹介したぶりのカレー唐揚げは、下味をつけることで青魚独特の臭みを和らげ、ふっくらジューシーな仕上がりになるおすすめの下処理技です。

味付けをした魚は、下味冷凍として保存もできます。味付けがしてあるので、このままグリルで焼いてお弁当のおかずにしたり、フライパンで焼いて野菜と一緒に炒めたりしても美味しいですよ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル