top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

前立腺がん、大腸がんを経験した医師が伝える「ストレス予防」

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※東京大学医学部老年病学教室助教授、高知医学大学(現高知大学医学部)教授、東京都老人医療センター(現東京都健康長寿医療センター)院長を歴任した、小澤利男氏の書籍『健康長寿の道を歩んで』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集して解説していきます。

【関連記事】「病院に行って!」背中の激痛と大量の汗…驚愕の診断結果は

自分の病歴

NHKテレビにファミリーヒストリーという番組があります。

特定の人を選んで、家系を調べるという内容です。医師が患者を診察する際、まず家族歴を聞き取りますが、これがファミリーヒストリーです。

その次にパースト・ヒストリー「既往歴」を調べます。既往歴は過去罹患の病歴です。家族歴に次いで以下に私の病歴について述べます。

広告の後にも続きます

私は七十三歳のときに前立腺がんを、八十九歳で大腸がんを手術しました。前立腺がんでは症状は無く、ただ毎年施行していたPSA(前立腺から分泌される前立腺自然抗原)の値が正常値の4(ng/ml)以下から10に上昇したので精査した結果、前立腺がんが検出されました。

悪性度も高いため、地域の病院で手術しました。自分ではもう治癒したと思っていましたが、四年後に右鼠蹊部に疼痛を感ずるようになりました。

整形外科で精査の結果、右骨盤の恥骨と仙骨に破壊像が見られ、PSAは45に上昇してがんの再発と分かりました。患部の放射線照射とホルモン療法で、PSAは検出できないほどに低下しました。

現在は何も治療を受けていません。前立腺がんは年齢と関係があり、高齢になると大抵の人で検出されます。放置しても支障ないものから、全身に転移して致死的となるものまで色々です。

私の陸士時代の区隊長が前立腺がんに罹患し、がんと性腺まで摘出されて大丈夫といわれました。その後両下肢麻痺となり、私の勤務していた病院でがんの再発が脊椎に来ていることが判明、結局亡くなりました。

私の二歳年下の弟も罹患し治療の結果、今は元気です。一般には前立腺がんは年齢に関係し、予後がよいものです。がんというと抗がん剤を考えますが、前立腺がんは男性ホルモンを抑制することが第一です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル