top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

劇場版「若おかみは小学生!」小林星蘭&水樹奈々が口論!“犬猿コンビ”劇中映像が公開

アニメ!アニメ!

劇場版『若おかみは小学生!』(9月21日ロードショー)より、主人公おっことライバル旅館の跡取り娘・真月による“犬猿コンビ”の口論シーンが到着した。実力派子役の小林星蘭と人気声優の水樹奈々が、息の合ったコミカルな掛け合いを披露している。

『若おかみは小学生!』は、両親を亡くし祖母の温泉旅館で暮らすことになった小学6年生のおっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの真月に助けられながら若おかみとして奮闘する作品。2018年4月よりTVアニメシリーズも放送中で、劇場版では両親とおっこの物語にスポットが当てられる。

このたび公開されたのは、「花の湯」温泉街に古くから伝わる“神楽”を披露することになったおっこと真月が、熱心に稽古に励む最中の一幕だ。
練習に集中できずミスを重ねるおっこに対し、我慢の限界に達した真月は「この神楽から外れてちょうだい」と言い放つ。そんな真月の辛辣な態度に落ち込むおっこだったが、「(春の屋は)いつまで続くか分からない旅館なのに…」という一言から口論へと発展してしまう。



プロ顔負けの演技力でおっこを演じる実力派子役・小林星蘭は、「おっこちゃんと一緒に、私も成長できるよう頑張ります」との強い意気込みでアフレコに挑戦。
真月を演じた人気声優・水樹奈々にも引けをとらない表現力で、おっちょこちょいだけれど明るく元気、感情豊かで真っ直ぐなキャラクターを見事に体現し、本映像でも水樹との息の合ったコミカルな掛け合いを披露している。

「バカおかみ!」「ピンふり!」といがみ合うふたりはここでは“犬猿の仲”にしか見えないが、ぶつかり合いながら次第に心を通わせていく過程も劇場版の大きな見どころのひとつとなる。
真月をはじめとする数々の出会いを通じて、少しずつ大人へと成長していくおっこの姿を、ぜひスクリーンでも確かめてみたい。

劇場版『若おかみは小学生!』
9月21日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

TOPICS

ランキング

ジャンル