top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三代目JSB岩田剛典、長髪姿で“謎の男”を演じる 中山美穂とともに阿部サダヲ×岡田健史W主演の映画『死刑にいたる病』に出演

SPICE

岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE) (C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会


映画『死刑にいたる病』が2022年5月に公開されることが決定。あわせて、岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)と中山美穂が出演していることがが発表された。

『死刑にいたる病』は、2012年に『ホーンテッド・キャンパス』で日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞してデビューし、同年に『赤と白』(集英社文庫)で小説すばる新人賞を受賞した櫛木理宇氏の小説。『チェインドッグ』のタイトル初版が発売され、文庫化に合わせて『死刑にいたる病』に改題された作品だ。初の映画化でメガホンをとるのは、『彼女がその名を知らない鳥たち』、『凪待ち』、『孤狼の血』シリーズなどの白石和彌監督。脚本は、白石監督とは初タッグとなる高田亮氏(『そこのみにて光り輝く』『オーバーフェンス』)が手がける。

本作は、鬱屈した日々を送る大学生・雅也の元に、ある日1通の手紙が届いたことから始まる。その手紙は、24件の殺人容疑で逮捕され、そのうち9件で立件・起訴され、死刑判決を受けた連続殺人鬼・榛村からのもの。榛村は犯行当時、パン屋を営んでおり、地元の中学生だった雅也もよくそこに通っていたのだ。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」との榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始める。

連続殺人鬼・榛村を演じるのは、白石監督と『彼女がその名を知らない鳥たち』以来のタッグとなる阿部サダヲ。また、『MIU404』や大河ドラマ『青天を衝け』などの岡田健史が、榛村の元に通い事件の真相に迫ろうとする雅也を演じている。

中山美穂(左) (C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会


追加キャストとして発表された岩田剛典が演じるのは、事件を捜査する雅也の行く先々に現われる謎の男・金山一輝。解禁された場面写真では、顔の半分が隠れるほどの長髪でただならぬ雰囲気をまとった金山の姿が公開されている。また、中山美穂は雅也の母・衿子役で出演。衿子は、常に夫の顔色をうかがう主体性のない性格の女性だという。場面写真では、義母の四十九日で心痛な面持ちを浮かべる様子が切り取られている。

岩田、中山、白石監督のコメントは以下のとおり。

岩田剛典

金山という役は、あまり多くは語らない役柄でもありましたので、感情を自分の中で明確にして臨みました。

広告の後にも続きます

白石監督、そして主演の阿部さんとは今作で初めてご一緒させていただき、岡田さんとは2度目の共演でしたが以前の作品では同じシーンがなかったので、一緒に芝居をさせていただいたのは初めてでした。短い期間でしたが、楽しい撮影現場でした。コロナ禍の影響で撮影が一年近く延期になってしまったり、その他さまざまな問題を乗り越えて、こうして無事完成した作品をお届けできること嬉しく思っています。

中山美穂

原作を読んで、これを如何に映像化するのだろうかと演じる前から期待が膨らみました。

内容とは裏腹に公開が楽しみです。

白石和彌(監督)

いつかお仕事をと思っていた岩田さんに出ていただけたこと嬉しかったです。難しい役割を魂込めて演じてくださいました。またガッツリやりましょうと固く握手したのが忘れられません。岩田さんとは長い付き合いになりそうです。そして、憧れの中山さんを演出する日がくるなんて思いもしませんでした。カメラの中に立つと世界を一瞬にして映画にしてくれる存在感でした。衿子という役の奥深くに眠る仄暗い感情を見事に体現してくださいました。出て頂いてありがとうございます。

『死刑にいたる病』は2022年5月全国公開。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル