top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

麻辣連盟主催「麻辣グランプリ」で、古樹軒オリジナル麻婆豆腐がグランプリ受賞

80C[ハオチー]

2021年12月15日に発表された『麻辣グランプリ』で、80C(ハオチー)を運営する株式会社中華・高橋の小売部門・日本橋 古樹軒の「麻婆豆腐(古樹軒オリジナル)」が、グランプリを受賞しました。

東京・虎ノ門の中国文化センターでのグランプリ授賞式にて、審査員長の「四川飯店」陳建太郎氏(左)と「中華・高橋」社長の高橋滉(左)

「本場の麻辣の味が日本に浸透し、正しく伝わる!」ことを掲げて開催された『麻辣グランプリ』は、2017年より『四川フェス』を開催し、日本の麻辣ブームを牽引してきた麻辣連盟が企画。

上級者向けの本場系、初心者向けの日本ローカライズ系と商品の立ち位置を可視化し、初心者から上級者まで麻辣を楽しめるようになることを目的に開催されました。

22商品の中から麻婆豆腐部門のグランプリに!

エントリーされたのは、「我こそは最高の麻辣商品を持っているという個人、法人」より71社(個人・団体含む)120商品。「麺」「醤」「火鍋」「麻婆豆腐」「菓子」の5部門があり、「麻婆豆腐」にエントリーされたのは全22商品だそう。

 

広告の後にも続きます

審査は、4人の審査員の実食によって選出された商品を、審査委員長である「四川飯店」の陳建太郎氏、「赤坂四川飯店」鈴木広明総料理長、高級白酒等の輸入を手がける日和商事の郭斌氏が最終審査するという流れです。

 

今回の受賞の理由として、麻辣連盟は「日本人が好きなど真ん中の味。粗びきで肉肉しい個性的な挽肉。冷凍なのにしっかりした豆腐の食感もいい」と発表。そんな麻婆豆腐、現場の開発担当者はどんなこだわりをもって作っているのでしょうか。自社商品ということで、担当者につっこんで聞いてきました。

粗挽き肉で香り高い!麻婆豆腐(古樹軒オリジナル)の5つのこだわり

①こだわりの粗挽き肉
一般的な挽き肉より粗い6mm挽き。肉粒の存在感がしっかりとした炸醤(ざーじゃん:肉味噌)に仕立てています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル