top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

黒島結菜が演じる“彼女”の秘密とは? 映画『明け方の若者たち』のアナザーストーリー配信が決定

SPICE

(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会


『ある夜、彼女は明け方を想う』が2022年1月8日よりAmazon Prime Videoにて配信されることが決定した。

『ある夜、彼女は明け方を想う』は、12月31日(金)公開の映画『明け方の若者たち』のアナザーストーリーとして制作された映像作品。『明け方の若者たち』は、ウェブライター・カツセマサヒコ氏の青春恋愛小説『明け方の若者たち』(幻冬舎)を映画化したもの。東京を舞台に、主人公“僕”の恋と葛藤を描いた作品だ。“僕”は明大前で開かれた退屈な飲み会で“彼女”に出会い、一瞬で恋に落ちる。世界が“彼女”で満たされる一方で、社会人になった“僕”は人生に打ちのめされていく。主演の北村匠海が主人公の“僕”を演じるほか、映画『カツベン!』出演や2022年放送開始予定のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインを務める黒島結菜が“僕”が一目ぼれする“彼女”役で共演。“僕”の会社の同期で後に親友となる“尚人”役で『ウルトラマンタイガ』などの井上祐貴が出演している。メガホンをとったのは、映画『ホリミヤ』などの松本花奈監督。脚本を『デイアンドナイト』やNetflixオリジナルドラマ『全裸監督2』などの小寺和久氏が担当し、主題歌をマカロニえんぴつが手がけている。

(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会


『ある夜、彼女は明け方を想う』では、原作でも映画でも描かれていない黒島結菜演じる“彼女”のある物語にフォーカスし、原作者カツセマサヒコが書きためていた作品を映像化したという。劇中では、“彼女”自身のバックストーリーが描かれており、松本監督以下、本編チームが引き続いて制作している。なお、物語のキーパーソンとして、若葉竜也が出演することも明らかになっている。

黒島、若葉のコメントは以下の通り。

黒島結菜

映画の撮影前に、彼女を描いた幻の一章があるので読みますか?と言われ読んだこの物語は、想像以上に辛く落ち込みましたが、彼女の弱さと強さを感じました。

広告の後にも続きます

同じスタッフの皆さんとの撮影だったので、安心して現場にいられました。

また違った彼女が見られると思います。映画と一緒に楽しんでいただけると嬉しいです。

若葉竜也

映画版『明け方の若者たち』を撮り終わった直後の黒島結菜さん、監督、スタッフの中に飛び込んだので、皆さんの温度を感じ取りながらやりました。原作にはない物語です。ぜひ楽しんでください。

なお、公開された予告編では、“彼女”が「月が綺麗な夜、私たちが繋がってしまわなければ」と意味深なことばで語る場面からはじまり、若葉竜也演じる男性との仲睦まじい様子も映し出されている。

『明け方の若者たち』は12月31日(金)全国ロードショー/『ある夜、彼女は明け方を想う』は2022年1月8日(土)よりAmazon Prime Videoにて独占配信。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル