top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子役・番家一路が初主演 原田琥之佑・尾野真千子・竹原ピストル・貫地谷しほり・草彅剛ら共演の映画『サバカンSABAKAN』公開が決定

SPICE

左上から時計回りに、竹原ピストル、番家一路、尾野真千子、草彅剛、原田琥之佑、貫地谷しほり


映画『サバカンSABAKAN』が2022年8月に公開されることがわかった。

『サバカン SABAKAN』は、稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾らが所属する芸能事務所CULENが、『ミッドナイトスワン』『クソ野郎と美しき世界』などに続いて製作する映画。1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”にひと夏の冒険にでたふたりの少年の友情やそれぞれの家族との愛情を描いた作品だ。

本作では子役の番家一路(ばんかいちろ)を主演に、同じく子役の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、貫地谷しほり、草彅剛が共演。TBSドラマ『半沢直樹』、湊かなえ原作ドラマ『境遇』、齊藤工監督の映画『半分ノ世界』、江口カン監督の『ガチ★星』などで脚本を担当してきた金沢知樹氏が初めて監督をつとめ、萩森淳氏とともに共同でオリジナル脚本を手がける。なお、撮影は2021年8月から9月にかけて、長崎県を中心に行われた。

キャスト、監督のコメントは以下のとおり。

番家一路(子役)

僕の初めての映画撮影サバカン。

初めての長崎。

撮影が始まると監督が謎の足いたで車椅子でした。

広告の後にも続きます

「感情が入っていない」とよく怒られました。

が、3歩歩くと忘れてしまうのでまた怒られました。

でも監督は諦めず僕に気持ちを入れてくれました。猫背もほめてくれました。

この夏僕は、いろいろな優しくてこわくて面白い人達に出会え、楽しかったです。

原田琥之佑(子役)

毎日があっという間でした。監督と初めて会ったときに共通の話題で盛り上がって

何でも話せたので、演技をするのが恥ずかしくなかったです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル