top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「きれいなおじさん」ってどんな人?

BOOKウォッチ

OCEANS(オーシャンズ) 2022年1月号(ライトハウスメディア)<amazonで購入>

テレワークでますます身なりに気を遣わなくなった夫を見てため息。おしゃれに気を遣いすぎるのもやっかいだけれど、せめてもう少し身ぎれいにしてくれたら…と思っていたら、こんな雑誌が目に入った。

画像は『OCEANS(オーシャンズ)2022年1月号』表紙(ライトハウスメディア提供)

メンズライフスタイル誌『OCEANS』(ライトハウスメディア)2022年1月号の特集は、「ウェルネス大特集 “きれいなおじさん”になりたい」だ。清潔感のあるおじさんになるための要点が紹介されている。

「きれいなおじさん」とは?


OCEANSが考える「きれい」は世の中一般の「きれい」とはやや異なるかもしれない。

シワがあったっていいし、日焼けをしていてもいい。だけど身だしなみはちゃんとしていて、なんだかいい香りがする。そしてしなやかでキレのあるカラダと生きる喜びが滲み出る笑顔を持っている。

加齢に伴う年齢やカラダの変化を楽しむ。それでいて、身だしなみはしっかりと清潔に。そんなふうになれたら、理想的だ。

本特集では、手入れがきちんと行き届いた清潔感のあるおじさんであるかどうか、顔・カラダ・各パーツのチェック項目が紹介されている。ちょっとドキリとする特集だが、客観的な目線も大切だ。

OCEANS × Cosme Kitchenのコスメカタログも

広告の後にも続きます

今回は、OCEANSとCosme Kitchenが3回目のタッグを組んだ「ウェルネス グッズ カタログ 2021 Winter」が綴じ込みページとしてついてくる。顔、頭、カラダ、局部、ココロの5つの部位別コスメセットに加え、今までにも要望が多かったサブスクプランも紹介している。



「きれいにする」はエチケット

OCEAN編集長の江部寿貴さんは、男性読者に「これを読んでいる『おじさん』諸君、俺には関係ないと思うことなかれ。あなたは、周りから『汚い』って思われているかもしれないのだ」と呼びかける。自身も「スキンケアなんて男のするものじゃない」と思っていたが、40歳を超えて意識が変わったという。「『きれいにする』はエチケットでもある」と江部さんは言う。

OCEANS編集長の江部寿貴さん。「原稿はブラシで頭皮をトントン叩きながら書いてます」

クリスマスももう間近。何を贈ろうかと迷っているなら、年齢を重ねた夫の魅力を引き立たせる男性コスメをプレゼントしてみてはいかが?


※画像提供:リンクタイズグループ


書名:  OCEANS(オーシャンズ) 2022年1月号 出版社名: ライトハウスメディア 出版年月日: 2021年11月25日 定価: 980円(税込)

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル