top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

もし、子どもが親を選べたら。「親ガチャ」時代の韓国ベストセラー。

BOOKウォッチ

ペイント(イースト・プレス)<amazonで購入>

 「君たちは、親を選べる子どもなんだよ」――。

 イ・ヒヨンさん著、小山内園子さん訳の本書『ペイント』(イースト・プレス)は、「親子って結局、何?」を鋭い筆致で描いたヤングアダルト小説。

 本作は、日本でも話題を呼んだ『アーモンド』を生み出したチャンビ青少年文学賞受賞作。2019年の刊行直後にベストセラー入りし、韓国で30万部を記録。同国では中学校での必読書として紹介されているという。

 「子どもに親を選ぶことができたら。人類の究極の『IF』に挑んだティーン小説。大人こそ読んでこころの準備をしておいたほうがいい」(ブレイディみかこ)

主人公「ジェヌ301」

 本作の舞台は、近未来の韓国。主人公は「ジェヌ301」という17歳の少年。

 「子どもを欲しがらない人はますます増えていた。出産を奨励するために政府がさまざまな支援策を打ち出したが無駄だった。時間が経つにつれ状況はややこしくなった。政府は結局、新たな道へ踏み出した」

 「これからは国が責任を持って子どもを育てます」。親が子どもを育てられないとき、政府が引き取って養育することになった。

広告の後にも続きます

 北朝鮮と韓国の交流が増えて事実上の終戦宣言が出されてから、国防費予算は国民の福祉や出生率安定の資金になった。その最初が、国家の死活を賭けたプロジェクトである「NCセンター」の設立だった。

 そうしてジェヌは「国家の子ども(nation’s children)」になった。「ジェヌ301」という妙な名前は、NCセンターに1月(January)に入ってきた301番目の男子、から来ている。

「ペイント」する子どもたち

 NCの子どもたちは「父母面接(parent’s interview)」のことを、英語の発音が似ている「ペイント」という隠語で呼ぶ。

 「NC出身だという事実を絵の具で塗りつぶしてしまいたかったのだろうか。あるいは、自分の未来を希望の色で塗りこめたかったのだろうか」

 NCの子どもたちには、「ペイント」で親を選ぶ権利がある。NCで生活できるのは20歳になる年の春まで。それまでに養親を見つけなければ、IDカードに一生「NC出身」のレッテルが貼られる。

 社会にはNC出身者を差別する空気があった。だからNCの子どもたちは必死に「ペイント」して、早くそこから出ていこうとする。

今で、十分です

 「ペイント」にやってくる親候補はやさしげで、感じがよく、親切そうで、愛にあふれて見える。しかし、彼らの目当ては政府の支援金だった。思慮深く、慎重なジェヌは、彼らの本音を見抜いていた。

 「いくら相手が大人とはいえ、恐れたり顔色をうかがったりする必要はない。嫌ならいつでも『ノー』と言うのは僕らの権利であり義務だった」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル