top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

20~40代の女性の約半数が「推し」がいると回答! 自粛生活が長引く中で「推し活」に目覚めた人も

Pouch[ポーチ]

20~40代の女性の約半数が「推し」がいると回答! 自粛生活が長引く中で「推し活」に目覚めた人も

ここ数年よく耳にするようになった「推し活」というワード。

文字どおり、「推し(好きなアイドルやキャラクター)を応援する活動」のことで、ある調査によれば20~40代の女性約半分が「推しがいる」と回答しているのだとか!

さらには、自粛生活が長引いたことをきっかけに「推し活」にハマった人もいたようなんです。

「推し活」は、オタクにとって生きる糧であり、ひと筋の光のようなものなので、ハマった気持ちもよ~~くわかる!!!!!

【実家に帰るよりも推しに会いたい!?】

参考にしたのは、着圧レッグウェアブランド「スリムウォーク」が20~40代の女性500名を対象に行った「推し活」に関する実態調査。

広告の後にも続きます

回答者の中で「推しがいる」と答えた人は46.6%。

また「自粛生活が落ち着いたらやりたいこと」の上位には、「旅行」「友人との外出」などに加えて、「推しに会いに行く」(16.8%)がランクイン!

微々たる差ではありますが、「実家に帰省」(15.2%)を上回る結果となっています。

【会えない時間が愛を育てました】

自粛生活の中でできる「推し活」は、ほぼオンライン。

ここ最近は実際に会えるイベントが少しずつ増えてきたものの、過去約2年間に渡って、実際に会う機会は皆無でした。

だからこそ「推しに会いに行く」が支持を集めたのも納得!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル