top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

落合監督、中日コーチ時代の川相氏が今も忘れぬ“3つの教え”が深いッ

アサ芸プラス

 主に巨人で活躍した元プロ野球選手・川相昌弘氏の4年ぶり巨人復帰が報じられたのは、去る11月15日。

 巨人ではヘッドコーチ、2軍監督、3軍監督の経験がある川相氏の今度のポジションは、ファーム総監督だ。世界記録となる「533本犠打バント」を決めた川相氏だけに、大味な大砲ばかりでなく、小技の効いた選手育成にも期待がかかる。

 そんな川相氏は、2007年から10年まで、中日・落合博満監督のもとでコーチや2軍監督を務めている。07年にはリーグ2位ながら、クライマックスシリーズを制し、また、日本ハム相手の日本シリーズにも4勝1敗で勝利。落合政権唯一の日本一に貢献する働きぶりとなった。

 その川相氏が、YouTubeチャンネル〈野球いっかん!〉の、12月2日付け投稿回〈落合政権が強かった秘訣がここに。コーチに求めた3箇条。コーチと選手の関係に配慮された掟とは。〉に出演。様々な教えを受けたであろう川相氏だが、今でも記憶に残る落合監督の3つの教えとして、こう振り返っている。

「コーチは、選手ができるようになるまでやらせるのが仕事だ」といった、サジを投げるのではなく、練習を徹底させることが肝要といった教え。そして、選手に肩入れし過ぎないよう「選手と食事に行くな。行くなら全員連れていけ」。最後に「絶対、手を上げるな。クビ覚悟でやるならいいけど」といった、暴力反対。実に落合監督らしい、示唆に富んだ深い教えが並んだ。

広告の後にも続きます

「実践できてるチームってそんなに多く…」と言いかけた動画スタッフの質問に、「ないかもしれませんね」と返答した川相氏。「オレ流」の意志を継いだ川相氏には、巨人の枠にはとらわれないような新たな若手の育成を期待したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル