top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チーズ国際品評会「World Cheese Awards 2021」で日本の知0図がスーパーゴールド受賞!

ワイン王国

11月3日、スペインで開催されたチーズの国際品評会「World Cheese Awards 2021」。33回目となった今年は、世界中から4079品が出品された。

日本からは25工房37品がエントリー。ゴールドラベル5品(スーパーゴールド受賞の2品含む)、シルバーラベル3品、ブロンズラベル6品が受賞、ナチュラルチーズ工房「アトリエ・ド・フロマージュ」(長野県)の『翡翠』と、「ニセコチーズ工房」(北海道)の『二世古 椛【momiji】』はスーパーゴールドを受賞した。日本のチーズの品質と魅力、国際的な競争力を世界市場に向けてアピールする絶好のチャンスとなった。

スーパーゴールド受賞
『翡翠』(工房:アトリエ・ド・フロマージュ)

青カビタイプのチーズに定評のある工房。『翡翠』は力強さを表現しながらも後味に残るまろやかな旨味が絶妙なバランスを奏でる、 チーズ通をうならせる逸品。クリーミーで口溶けが軽いという点が高く評価され、スーパーゴールドを受賞した88品の中から、世界ベスト16に選出された。

スーパーゴールド受賞
『二世古 椛【momiji】』(工房:ニセコチーズ工房)

広告の後にも続きます

20種類以上を手掛ける職人の卓越した技と、質の高い地元のミルクが見事に調和。天然色素で色付けされ、2年間の熟成が濃厚な旨味を生み出している。まろやかな甘味も広がり、複雑な味わい。

■「World Cheese Awards」公式ウェブサイト https://gff.co.uk/awards/world-cheese-awards/

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル