top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アーセナル、屈辱的敗戦はなぜ起こった? 冨安健洋らの責任は…絶不調エバートンに2失点【分析コラム】

フットボールチャンネル

アーセナル、屈辱的敗戦はなぜ起こった? 冨安健洋らの責任は…絶不調エバートンに2失点【分析コラム】

負けるべくして負けた

 プレミアリーグ第15節、エバートン対アーセナルが現地時間6日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。エバートンは絶不調だったものの、アーセナルは良いところなく敗れてしまった。一体なぜ?(文:小澤祐作)

—————————–

 アーセナルは運悪く負けたのではなく、負けるべくして負けたという印象が強かった。これでプレミアリーグ直近5試合で3敗目。順位は7位に転落した。

 リーグ戦8試合勝ちなしと絶不調だったエバートンに対し、ほぼ良い所を見せられなかったのはあまりにも痛すぎる。前半終了間際というベストな時間にマルティン・ウーデゴールが先制点を奪ったが、全体的に試合運びが弱々しく、エバートンから完全にペースを握ることが全くできていなかった。

 最終的なスコアこそ1-2だが、アーセナルは取り消しになった分も含めると合計4回もゴールネットを揺らされている。リシャルリソン一人だけで3回だ。最後に複数得点を奪ったのが10月の第9節ワトフォード戦となっていたエバートンに対しここまでやられてしまうのは、あまりにお粗末である。

広告の後にも続きます

 クラブ公式サイトによれば、ミケル・アルテタ監督は試合後「非常にガッカリしている」とコメントを残したようだ。もちろん「ガッカリ」したのは、このゲームをチェックしたサポーターも同じだろう。リバプールやマンチェスター・シティ相手ならまだしも、絶不調のエバートン相手にあの内容だと、どうしても暗い未来を想像してしまう。

 では、アーセナルはなぜエバートンに敗れてしまったのだろうか。

まったく怖くない攻撃

 まず反省しなければならないのが攻撃陣だ。

 オーソドックスな4-4-2で構えるエバートンに対し、アーセナルの攻めはあまりにも迫力を欠いていた。後ろでボールは保持できるがなかなか縦にパスを入れられず、敵陣深くまで侵入していけないことが立ち上がりから多かった。事実、アーセナルは35分時点で支配率60%を記録していたが、シュート数はわずか1本に留まっていた。

 相手のダブルボランチ、アランとアブドゥライェ・ドゥクレは共に活動量が多く、状況によって果敢に前へ出てくる。そのため、そこの脇や背後は一つの狙い目となる。前節エバートンと対戦したリバプールはその弱点を効果的に突き、大量得点を奪っていた。

 アーセナルは、トップ下に入ったウーデゴールがそこのエリアで何度か良い動きを見せていた。しかし、上記した通り後ろからの配球が少なく、結局は動き損になる場面が散見。あまりボールが来ないことによって1トップのアレクサンドル・ラカゼットも下がってきてしまうので背後を突くアクションも少なく、アーセナルの攻撃は単調なリズムを刻んだままの状態となっていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル