top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本代表メンバーに推薦したいJリーガー5人。今年覚醒した驚異のドリブラー、国内最強の守備的MFも!

フットボールチャンネル

日本代表メンバーに推薦したいJリーガー5人。今年覚醒した驚異のドリブラー、国内最強の守備的MFも!

Jリーグで復活した男

 日本サッカー協会(JFA)は7日、来年行われるキリンチャレンジカップ2022、ウズベキスタン代表戦に向けた日本代表メンバーを発表する。この試合は国際Aマッチデー期間外の開催となるため、欧州組は招集されず。すでにシーズンオフを迎えた国内組のみで臨むことになる。そこで今回は、日本代表に推薦したい5人のJリーガーを紹介する。

—————————–

FW:武藤嘉紀(むとう・よしのり)
生年月日:1992年7月15日(29歳)
所属クラブ:ヴィッセル神戸
2021リーグ戦成績:14試合5得点8アシスト

 FC東京でプロデビューし、日本屈指のストライカーへと成長を果たした武藤嘉紀。2015年にはプレーの場をドイツのマインツへと移しており、3シーズンに渡りレギュラーとして活躍。日本代表としては2018年のロシアワールドカップメンバーに選出されるなど、順調なキャリアを築いていた。

 しかし、ロシアW杯後のニューカッスル移籍によりブレーキがかかることに。同クラブには計2シーズン在籍することになったのだが、公式戦での得点数はわずか「2」に留まるなど、全くと言っていいほど活躍できなかった。また、昨季所属したエイバルでも爪痕を残すことはできず。その影響で、2019年のAFCアジアカップ以来、日本代表からも遠ざかることになっている。

広告の後にも続きます

 それでも、今夏加入したヴィッセル神戸では再び輝きを放った。デビュー戦となった第25節の鹿島アントラーズ戦でいきなりアシストを記録すると、その後ハイペースでゴールに絡み続け、最終的にリーグ戦14試合5得点8アシストという申し分ない成績を残したのだ。勢いが十分なのは明らかで、日本代表から再び声がかかっても何ら不思議なことではないだろう。

国内屈指のボックス・トゥ・ボックス

MF:稲垣祥(いながき・しょう)
生年月日:1991年12月25日(29歳)
所属クラブ:名古屋グランパス
2021リーグ戦成績:38試合8得点2アシスト

 Jリーグで着実にレベルアップしてきたのが稲垣祥だ。日本体育大学卒業後にヴァンフォーレ甲府に加入すると、2年目でレギュラーに完全定着し評価を高めることに。そして2017年にはサンフレッチェ広島へ移籍しており、ここでも2年目から不動の存在となって活躍した。

 そんな稲垣の勢いは2020年に加入した名古屋グランパスでさらに加速。1年目から公式戦全試合出場という鉄人ぶりを発揮した。そして、2021シーズンも稲垣はフル稼働。YBCルヴァンカップでは5試合で4得点1アシストという成績をマークしてチームを優勝へと導いており、大会MVPに選出されることになった。

 無尽蔵のスタミナを備えており、幅広いエリアでプレーに関与することが可能。フィジカルコンタクトでも簡単に負けることがなく、ボール奪取の上手さも非凡だ。また、忘れてはならないのがFW顔負けの得点力。ボランチが主戦場ながら大事な場面でしっかりと決定的な仕事を果たせるのは、稲垣の大きな魅力ポイントと言っていいだろう。その能力は日本代表でも武器になるはずで、今年3月以来となる招集に期待したいところだ。

今季覚醒のドリブラー

FW:金子拓郎(かねこ・たくろう)
生年月日:1997年7月30日(24歳)
所属クラブ:北海道コンサドーレ札幌
2021リーグ戦成績:38試合7得点2アシスト

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル