top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「鬼のように赤字」でも大丈夫!?隠れ家的フレンチ店シェフが語る理由とは?

テレビドガッチ


ヒロミがMCを務める『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週火曜19:00~)。12月7日の放送より、民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、“グルメ馬鹿”なスタッフが日本全国を駆けまわり、オモウマい店を発掘するバラエティ。MCをヒロミ、進行を小峠英二(バイきんぐ)が務め、この日は、上地雄輔、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)がゲスト出演する。

この日のオモウマい店1軒目は、大阪市の中心部にある雑居ビルの一角に佇む、知る人ぞ知る隠れ家的フレンチの名店。店を一人で切り盛りしている60代の男性店主も「多分日本で一番美味しいで」と太鼓判を押す名物料理“鶏モモ肉のコンフィ”は、開店以来19年間継ぎ足した油に鶏モモ肉を漬け込んだ、こだわりの一品。これに加え、さらにキッシュロレーヌ、スープなどから選べる前菜と、自家製のパン、コーヒーがつく“ランチコース”が、1100円とお得で、デザートもプラス350円で付けられる。

「即刻赤字。鬼のように赤字」と店主も断言する価格設定にもかかわらずお客さんからは「ここは高級店と味が変わらない」と味も大絶賛! それもそのはず、実は店主はパリの三ツ星フレンチレストランでシェフをしていたのだそう。なんと、年間の赤字は約100万円にものぼるというこのお店だが、店主は「全然大丈夫なんだよ」と言う。一体どういうことなのか?

オモウマい店2軒目は、料理が破格すぎて赤字のため、家賃と人権費を稼ごうと、店主自身がUber Eatsで働く、横浜市の食事処「食楽 たざわこ」。6月22日、8月17日放送分に続き、3回目の密着取材をすることに。

番組で紹介されてからの反響は大きく、前回は応援の電話が続々とかかってきたり、多くのお客さんが来店したり、さらに、配達に使っていたバッグがフォトスポットと化すといった模様を紹介した。

2回目の放送を見る店主の元には、今回も次々と電話が。さらに、翌日以降も相変わらず多くのお客さんが店を訪れ、その忙しさからついにUber Eatsを卒業……? そして新たに、あるものを購入し、お店には新たな展開が!

前回の放送では、埼玉、千葉、茨城のオモウマい店を紹介した。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル