top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング21~25位。最高額は9億円!スペインで最も試合に出場した日本人選手とは…【2021最新版】

フットボールチャンネル

最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング21~25位。最高額は9億円!スペインで最も試合に出場した日本人選手とは…【2021最新版】

 10年間、欧州でプレーした乾の市場価値が最も高騰したのは18年夏。2ゴール1アシストを記録したロシアワールドカップ直後に750万ユーロ(約9億円)に到達した。しかし、それ以降はベティスでの不調や新型コロナウイルスの影響により下降し続けており、現在は150万ユーロ(約1.8億円)となっている。

23位:柏レイソルの顔

FW:クリスティアーノ(ブラジル/柏レイソル)
生年月日:1988年6月2日(33歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
2021リーグ戦成績:31試合7得点3アシスト

 母国ブラジルのコリチーバでプロデビューを飾ったクリスティアーノは、12年1月にトライアウトを経てオーストリアのザルツブルクに加入。背番号10を背負い、2011/12シーズンこそ主力選手としてプレーしたが、2012/13シーズンからはラルフ・ラングニック新スポーツ・ダイレクター(現マンチェスター・ユナイテッド暫定監督)の構想外となり、出場機会を大きく減らした。

 2013年以降はプレーの拠点を日本へと移している。特に柏レイソルでの活躍は凄まじく、ヴァンフォーレ甲府から期限付き移籍で加入していた2015年シーズンの天皇杯準々決勝では、FKのみでハットトリックを達成。一度甲府に復帰したが、16年夏に柏へと完全移籍しており、これまで数々のブラジル人選手がプレーした中で最多の公式戦250試合に出場している。

 柏レイソルをJ1復帰に導いた2019年末に市場価値は自身最高額となる250万ユーロ(3億円)に到達。しかし、2020年に入ってからは負傷の影響でコンディションを落としたことや、新型コロナウイルス感染拡大によって全体的に市場価値が下降傾向ということもあり、現在は150万ユーロ(約1.8億円)となっている。

22位:Jリーグ屈指のフィジカルモンスター

広告の後にも続きます

FW:ディエゴ・オリヴェイラ(ブラジル/FC東京)
生年月日:1990年6月22日(31歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
2021リーグ戦成績:35試合13得点4アシスト

 Jリーグへとやって来る前までに母国ブラジルやカタール、韓国でのプレー経験があるがいずれのリーグでも得点を量産することができなかった。そうした中で2016年に柏レイソルへと加入すると、J1でいきなりチーム得点王となる12ゴールを記録した。

 圧倒的なフィジカルを武器に得点を量産したディエゴ・オリヴェイラは、2018年からFC東京でプレーしている。2020年は負傷の影響で9ゴールに留まったが、それ以外の3シーズンでは二桁ゴールを記録するなどエースとしての役割を全うしている。特にキャリアハイの14ゴールをマークした2019シーズンの活躍は印象的で、J1のベストイレブンにも選出されている。

 前述したように2019年に大活躍したディエゴ・オリヴェイラは、その年の末に市場価値が自身最高額の200万ユーロ(2.6億円)に到達した。しかし、その後は新型コロナウイルスの影響で下降傾向にあり、現在は150万ユーロ(約1.8億円)に落ち着いている。

21位:清水エスパルスのエース

FW:チアゴ・サンタナ(ブラジル/清水エスパルス)
生年月日:1993年2月4日(28歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
2021リーグ戦成績:37試合12得点2アシスト

 インテルナシオナルの下部組織出身のチアゴ・サンタナだが、ブラジルのトップリーグでは通算4ゴールと結果を出すことができなかった。キャリアの転機となったのが、16年夏のポルトガル移籍だ。ヴィトーリア・セトゥーバルでは結果を残せなかったが、17年夏から3シーズン半過ごしたサンタ・クララではエースとして活躍した。

 特に2020/21シーズンの活躍は印象的で、一時はポルトガル1部リーグで得点ランキングトップに立っていた。21年1月に清水エスパルスが200万ユーロ(約2.4億円)という高額な移籍金を支払い完全移籍で獲得。チームはシーズンを通して苦しんだが、チアゴ・サンタナは1試合を除く37試合に出場し、チーム得点王となる12ゴールを記録した。

 サンタ・クララ在籍時の20年1月に150万ユーロ(約1.8億円)まで市場価値が上昇していたが、その3ヶ月後には55万ユーロ(約6600万円)まで大幅に下落した。その後はポルトガル、日本でコンスタントに得点を重ねたことで上昇傾向にあり、現在は自身最高額タイの150万ユーロ(約1.8億円)まで価値を戻している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル