top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング21~25位。最高額は9億円!スペインで最も試合に出場した日本人選手とは…【2021最新版】

フットボールチャンネル

最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング21~25位。最高額は9億円!スペインで最も試合に出場した日本人選手とは…【2021最新版】

25位:鹿島アントラーズ一筋のアタッカー

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い Jリーガーは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値は11月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

MF:土居聖真(日本/鹿島アントラーズ)
生年月日:1992年5月21日(29歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
2021リーグ戦成績:36試合6得点3アシスト

 土居聖真は2011年のプロデビュー以降、鹿島アントラーズ一筋でプレーしている。2014年シーズンにトップ下のポジションでレギュラーを掴むとJ1ではキャリアハイの8ゴールを記録。前線であれば複数ポジションでプレーできるのも彼の特徴だ。

 鹿島アントラーズは2016年と2018年にクラブワールドカップに出場しているが、その中での土居の活躍は見事だった。まずは2016年、開幕戦となったオークランド・シティ戦から準決勝アトレチコ・ナシオナル戦までの3試合で1ゴール2アシストを記録。決勝のレアル・マドリード戦でも柴崎岳のゴールをアシストした。2018年にレアル・マドリードと対戦した時も1ゴールを決めており、クラブワールドカップでは通算7試合2ゴール5アシストと好成績を残している。

広告の後にも続きます

 こうした国際大会で結果を残したこともあり、2019年末には市場価値が自身最高額となる230万ユーロ(約2.8)億円に到達。しかし、翌2020年からは新型コロナウイルスの影響で下降傾向にある。

 今季はストライカー、右WG、左WG、トップ下と様々なポジションで起用され、負傷により欠場した2試合を除く36試合に出場した。しかし、その市場価値は下がり続けており、現在は最高時の約65%にあたる150万ユーロ(約1.8億円)まで下落している。

24位:10年ぶりにJリーグ復帰を果たしたテクニシャン

MF:乾貴士(日本/セレッソ大阪)
生年月日:1988年6月2日(33歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
2021リーグ戦成績:8試合1得点2アシスト

 2007年に横浜F・マリノスでプロデビューを飾った乾貴士だが、出場機会に恵まれず、2008年6月にセレッソ大阪へと期限付き移籍。当時所属していた香川真司と好連係を築き、多くの得点に関与した。シーズン終了後には完全移籍を果たし、在籍2年目となった2009年はキャリアハイの20ゴールを記録。香川と共にJ1復帰の立役者となった。

 2011年夏に欧州に渡ってからはボーフム、フランクフルト、エイバル、レアル・ベティス、アラベスと様々なチームを渡り歩いた。その中で、これまで日本人選手があまり活躍できなかったラ・リーガで6シーズンに渡ってプレーし、日本人歴代最多の166試合に出場。16得点14アシストも日本人史上最多の記録だ。

 2020/21シーズン限りでエイバルが2部降格となったことに伴い、21年夏に10年ぶりにJリーグ復帰を決断。古巣セレッソ大阪に移籍した。古巣との対戦となった第33節横浜F・マリノス戦で復帰後初ゴールを記録したが、11月に右膝軟骨損傷により手術を行った。全治は2ヶ月とされており、2022年シーズンは開幕から試合に出場することができそうだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル