top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ある日メリーさんが家に!?美少女お化けと過ごした新社会人のひと夏

ホンシェルジュ

『お化けのメリーと夏休み』は、お化けなのにご飯を食べ、服を買い、異様にテンションが高い……そんな金食い虫の少女・メリーと同居することになった男の物語。社会人になって初めての夏休みに起きた、少し切ない日常漫画です。

『お化けのメリーと夏休み』美少女おばけと男のひと夏の思い出

夏休みの初日に、都市伝説の「メリーさん」から電話をもらう……という少々ホラーな設定から始まる本作。

しかし「怖い」「不気味」などということはまったくなく、幽霊とはいえ美少女なメリーに鋭くツッコむ朔夜と、ハイテンションでネットスラングを駆使するメリーの小気味よい掛け合いが魅力になっています。

基本的には4コマで展開されていき、大事な場面は大割のコマで表現されるので、スラスラと読みやすいのが特徴です。

この記事では、そんな『お化けのメリーと夏休み』の魅力についてご紹介していきましょう。

 

著者[“やるら”, “谷仲 ツナ”] 出版日2015-07-10

漫画『お化けのメリーと夏休み』の簡単なあらすじ

出典:『お化けのメリーと夏休み』

広告の後にも続きます

社会人初の夏休み初日に、突然かかってきた非通知の電話。

「あたしメリー 今あなたのマンションの側にいるの」
(『お化けのメリーと夏休み』より引用)

たしかこれは、なんか後ろに来ちゃうヤツ……。

成りゆきで、朔夜とメリーは奇妙な共同生活を始めることになりました。

家に美少女がいるのも悪くないかと考えた朔夜ですが、作ってもらった初めての朝ごはんはカップラーメン。さらに彼女の洋服代に食事代……と、何かとお金のかかる生活です。

さらにやっと慣れてきたかと思いきや、彼女が幽霊であるとあらためて思い知らされる事態もあり……。
 

『お化けのメリーと夏休み』の魅力は朔夜とメリーの掛け合い!

振り回され続ける新社会人の主人公、朔夜

出典:『お化けのメリーと夏休み』
  • 1
  • 2

TOPICS