top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ドラマ化漫画『勤番グルメブシメシ!』は古くて新しいグルメ漫画だった!

ホンシェルジュ

実在した紀州藩士、酒井伴四郎が勤番中に書き残した「酒井伴四郎日記」をもとに描かれたグルメ漫画『勤番グルメブシメシ!』「おかわり」。歴史的資料をもとに描かれた本作では江戸当時の空気がリアルに表現されており、読む者を引き込みます。2018年1月にはドラマ新シリーズの放送を控えた人気作です。

ドラマ化漫画『勤番グルメブシメシ!』の原作ならではの魅力をネタバレ紹介!

酒井伴四郎(さかいはんしろう)は、江戸後期に生まれた紀州藩士。紀州藩の勤番(日本各地の諸大名の家来が、江戸や大阪などの遠方に単身赴任すること)として江戸に訪れていた彼は、勤番中の日々の出来事を詳細に書き記した「酒井伴四郎日記」を残しており、現在(2017年12月)も当時の生活風景を知るための貴重な文献として大切にされています。

その日記を元に、江戸時代の武士や町人たちの生活風景を描き出した作品が『勤番グルメブシメシ!』。続編の「おかわり」とともに、酒井伴四郎が過ごした江戸の日々を追体験できる歴史・グルメ漫画となっています。

作者は『食キング』などで知られるグルメ漫画の第一人者、土山しげる。心の底から料理の美味しさを噛み締めているかのような登場人物たちのリアクションの描写が見事で、思わずお腹が鳴りそうになります。

2017年1月には『幕末グルメ ブシメシ!』としてドラマ化され、2018年1月からは新シリーズ『幕末グルメ ブシメシ!2』として再びドラマ化がされることが決定しました。この記事では原作漫画の見どころ、魅力をご紹介していきたいと思います。

著者[“土山しげる”, “酒井伴四郎”] 出版日2015-12-28

『勤番グルメブシメシ!』の昔ながらの新鮮な料理にお腹が空く!【あらすじ】

出典:『勤番グルメブシメシ!』1巻

時は幕末。主人公の酒井伴四郎(さかいはんしろう)は勤番として、江戸・赤坂の紀州藩中屋敷の勤番長屋に身を置いていました。伴四郎の好きなことは「食べること」。日々さまざまな場所におもむき、美味しい食事を楽しんでは日記に事細かに書き残すことが日課です。

広告の後にも続きます

伴四郎たちがひたすらに楽しむ、素朴で美味しそうな江戸時代の料理は、読んだ人の胃袋を刺激します。さまざまな国の食文化が浸透した現代、あらためて日本食のよさを知ることができるグルメ漫画です。

魅力1:昔の料理が逆に新鮮!

出典:『勤番グルメブシメシ!』1巻

江戸時代を舞台としているため、取り上げられる調理は当然昔のものばかり。海外の食文化もそれほど多く流入してきていない頃なので、和食がメインです。伴四郎たちは米を主食に、魚介や山菜などの食材を使った料理を楽しんでいます。

昔の料理なので、味付けもシンプルなものが多くなっています。ポピュラーな調味料は塩や醤油で、砂糖を使った甘い味付けは江戸料理の特徴です。こういった当時の食文化に触れられるのも、大変興味深い部分といえるでしょう。

昨今のグルメ漫画は特殊な食材や調理法を取り上げたものが多く、シンプルな調理で、素材の味の生きた料理を楽しむ本作は逆に新鮮です。江戸時代の食文化から学ぶことで、粋な食通になれるかもしれません。

魅力2:江戸時代と現代の料理の違いが面白い!

出典:『勤番グルメブシメシ!』1巻

同じ料理でも、江戸時代と現代とでは目に見える違いがある料理があるところも面白いところです。たとえば寿司(作中では「鮓」と書かれています)は、ネタや食べ方にも多少の違いはありますが、最も目につくのは大きさの違い。江戸時代に握られる寿司は現代の倍以上に大きく、成人男性である伴四郎の手のひら半分が埋まるくらいに大きいのです。

大人の男が向かい合って、将棋でも打つかのように悩みながら鮓を食べる姿は平和そのもの。1巻の4話に収録された可愛らしいエピソードとなっていますので、ぜひ注目してみてください。

  • 1
  • 2

TOPICS