top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

謎の大量死。二百羽ものムクドリが、雨のように空から降って来る

カラパイア


 スペイン北西部、フェロル市の病院近くで200羽ものムクドリの死骸が、突然空から落下し、歩道に雨のように降り注ぐという奇妙な出来事が起きた。

 ムクドリに一体何が起きているのか?フェロール市議会と当局がその原因を探るため、調査を開始したという。

死んだムクドリの群れが雨のように地面に降り注ぐ

 11月28日午前9時頃、スペイン北西部ガリシア州フェロル市にあるフアン・カルドナ病院の近くで、200羽ものムクドリの群れが突然舗道に落下してくるという珍事が発生した。

 幸いなことに、ムクドリは車や市民の上に落ちたものの、負傷者は出なかったという。  地元住民協会のマピ・ロドリゲス会長によると、ムクドリは病院の緊急区域の木から飛び立った後、数メートル飛び、突如舗道に急降下したという。

 ムクドリの死骸はすべて回収され、うち2羽が地域の環境庁に分析のために回された。現在、当局がその原因究明にあたっている。

一体何がおきているのか?

 スペインで、ムクドリの群れが上空から落下してくるという出来事は今回が初めてではない。

 今年の初め、スペイン北東部カタルーニャ州タラゴナ市でも同様の出来事がおきている。だがこの時は、近くにある石油化学工場からの有害化学物質が原因であることが明らかとなっている。

 だが、今回のケースでは、落下事件の起きた病院の近くに有害な化学物質を放出するような場所は見当たらない。

 google mapで見ると、病院はビスケー湾に注ぐリア・デ・フェロル川の近くにあり、周辺には大学、スーパーマーケットなどがある。

 比較的都会なので猛禽類などに襲われたという形跡もなさそうだ。



 今のところ事件の原因は明らかにされていないが。地元メディアでは、電線により感電したのではないかという説も出ているが定かでない。

 ムクドリは繁殖期が終わる8月頃から、群れで同期しながら一緒に行動する。この同期が乱れたことで衝突して墜落したという説もでているがこれも定かでない。

 イギリスでも2019年末、ムクドリの大量死が発生したが、昨年2月、その原因は事故、落下、転倒などの鈍的外傷であることが報告された。つまり何かに激突し、その衝撃で死んでしまったというのだ。

 今回のスペインのケースも調査結果が出るまでは正しくはわからないが、結果がわかりしだいまた報告したいと思う。

References:Death of 200 birds falling over hospital ‘like rain’ sparks investigation / written by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル