top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

隔離生活者の食事に「健康管理も難しい」 見出しにミスリード批判、朝日新聞が記事修正「取材内容が正確に伝わらない」

J-CASTニュース

朝日新聞デジタルは2021年12月2日に配信した記事「隔離生活初日、3時間遅れで出てきた昼食は…『健康管理も難しい』」について、「記者が取材した内容が正確には伝わらない」として、12月4日までに見出しと本文を修正した。

記事をめぐっては、見出しと記事の内容が乖離しているとして、ネット上で批判が出ていた。

「行政の混乱」伝える記事だったが…

朝日新聞デジタルで12月2日に配信された記事は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の水際対策強化による、行政の混乱を伝えたもの。記事では2日に英国から帰国し、ホテルで隔離生活を送る女性の昼食について触れている。

女性の部屋には、当初伝えられていた配給時間から約3時間が経過した頃に、カップ麺と白米が届けられたという。部屋に電子レンジはなく、「冷たい白米を口に運んだ」と食事の様子を紹介。女性は「税金で出してもらっているのはありがたい」としつつ「これが続けば健康管理も難しい」とコメントしていた。

その後、入国者の食事を管理する福岡検疫所への取材内容を掲載。2日には入国者向けの弁当が用意されていたが、入国者の到着遅れにより弁当の消費期限が切れ、急きょカップ麺と白米が配給された、という経緯が紹介されている。

広告の後にも続きます

しかし、「隔離生活初日、3時間遅れで出てきた昼食は…『健康管理も難しい』」という見出しからは、こうした経緯が伺えないとして、ネット上では「恣意的な報道」「見出し詐欺」との指摘が相次いでいた。

記事本文も一部修正

朝日新聞デジタルは4日、公式ツイッターで「記事に多くのご指摘をいただきました。入国の遅れで急きょカップ麺と白いご飯が配られたという内容でしたが、見出しに経緯への配慮が不十分でした」とし、記事の見出しを変更したことを伝えた。

12月6日時点で、記事の見出しは「オミクロン株で水際対策強化、追われる現場 用意の弁当出せない例も」と変更されている。また、記事へ寄せられた指摘に対しては「ご指摘ありがとうございました」と伝えた。

公式ツイッターの投稿では説明がなかったが、女性の肩書が削除されるなど、記事の本文も一部修正された。そのほか、この女性が栄養士の資格を持っている、という記述も消えていた。

朝日新聞の広報担当者は6日、J-CASTニュースの取材に対し「記事は、急な入国制限対応で行政の現場が混乱している一例を伝えたもの」だと説明。ただ、当初の見出しからは「こうした経緯を十分に読み取ることができなかった」とし、「記者が取材した内容が正確には伝わらないと判断し、見出しと本文の一部を修正いたしました」と伝えた。

TOPICS

ジャンル