top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本中が熱狂した歴史的な一戦。明神智和が「サッカーの一番の醍醐味」を体験した代表のベストゲーム

web Sportiva

日本代表「私のベストゲーム」(3)
明神智和編(前編)

これまでに数多くの選手たちが日本代表に選出され、W杯やW杯予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップなど、さまざまな舞台で活躍してきた。そんな彼らにとって、自らの「ベストゲーム」とはどの試合だったのか。時を経て今、改めて聞いてみた――。

 ゴールデンタイムに地上波で生中継されたその試合は、日本のスポーツ番組史において歴代視聴率ランキング2位となる66.1%を記録した。

 明神智和がこれから振り返る日本代表戦は、もはやサッカーファンにとどまらず、国民注視の一戦だったと言ってもいい。

「とにかく、試合の重要さが違うというか、大きさが違うというか。自分の国でワールドカップが開かれ、初戦を引き分けて、次は勝利が義務づけられているなかでの試合でした。その勝利が、結果的にワールドカップでの(日本の)初勝利にもなりましたし、自分にとって大きな試合だったのはもちろんですが、チーム全体というか、日本全体にとって大きな試合だったと思います」

広告の後にも続きます

 2002年6月9日、横浜国際総合競技場。ワールドカップ日韓大会のグループリーグ第2戦、日本vsロシア。

 明神が選ぶ日本代表ベストゲームである。


日本がW杯で初めて勝利を飾った2002年日韓大会のロシア戦。明神智和にとっても忘れられない一戦となった

 日本はこの大会、ロシア戦を前にグループリーグ初戦でベルギーと対戦し、2-2で引き分けているのだが、この試合に明神は出場していない。「やはりスタメンじゃないと知った時には、もちろん悔しかったんですけど……」。その一方で、自らの”異変”を感じていたという。

「ウォーミングアップをしながら試合を見ている時、試合に出てもいないのに、ありえないくらい足がフワフワして。ものすごく緊張している自分がいました。この状態だったら、今日の試合に自分が出ていても、いいプレーができなかっただろうなって思いました」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル